スタ-〇ックス②

いくらなんでもそんなことはあるはずないと、もう一度冷静に考えてみた。
可能性が一つある。
5枚の紙幣の中に50バ-ツが1枚あったとしたらどうだろう。最初に130バ-ツ払ってしまったのだから全てつじつまが合う。
そうだよね。そうに違いない。
彼の名誉のためにも馬鹿な外国人がお札を間違ってしまったのだということにしておこう。


※今は偽1000バ-ツが出回っているのが大きな問題になっている。
[PR]

by ten2547 | 2008-12-31 19:01 | 旅行

スタ-〇ックスにて

私「アイスコ-ヒ-のグランデ下さい」
店員「95バ-ツです」
私「ハイ(と20バ-ツ札を5枚渡す)」
店員(暫く考えて1枚返してくる)
私(?と思いつつ受け取る)
店員(レシートと釣り15バ-ツを差し出す)
私(???)
レシートには95バ-ツで110バ-ツ受け取り15バ-ツ釣りとある。
どっちにしても間違ってるやん。私は65バ-ツしか払ってないけど、ま、いいか。


※大丈夫か、あの店員..
[PR]

by ten2547 | 2008-12-31 18:21 | 旅行

香港小姐

10人くらいの集団が練り歩く?光景は滑稽でもあり興味深くもあった。
同じような背格好に同じような髪形、服装、顔付き、その感じ..。
広東語が頭上を行き交い、同じブランドの競パンで若くしなやかな肉体を包み、ファランのカップルを隅っこに追いやったその集団は一体ナニモノ?

※九龍あたりじゃちと有名なネエさん達さ!
[PR]

by ten2547 | 2008-12-30 10:35 | 旅行

I LOVE U

親指と人差し指と小指を立ててそう言った。
熱い視線とともに...

※って万国共通???
[PR]

by ten2547 | 2008-12-30 10:16 | 旅行

空翔る。

少年は夢を見た。
空を飛ぶ夢を見た。
鳥のように飛んでいた。
自分の力で。
自分の翼で。

許せない。
アタシだけが不幸だなんて絶対に許せない。
何を楽しそうに笑っているのよ。
帰さない。
居残って仕事をするのよ。
こんな中途半端なまま年を越せると思っているの!?
これができるまでは帰れないわよ!

別に、意地悪で言っているんじゃないわ。
別に、妬んでやっているんじゃないわ。
これは仕事よ。
仕事なんだから、完璧にやるのは当たり前でしょ。
それをこんないい加減なことされて、
それでヘラヘラ6時に帰ろうなんて、
そんなこと許されるわけないじゃない。

許さない。
絶対に、アタシだけが不幸だなんて、認めたくない。

少年は気付いた。
飛んでいるのではないことに。
だって変だよね、おかしいよね、有り得ないよね。
X-MENじゃあるまいし...

僕は...死んじゃったんだね。
もう地上の世界には帰れないんだね。
誰かが、僕に触れたんだ。
恐るべき力で、音もなく、僕の未来を奪い去った。

キミは、病気だ。
完全にイカレテル。
自分の価値観の中でしか生きられない。
今日一日わめいて、気が済んだかい?
こっちがおかしくなりそうだったよ。

そうだ。
僕は明日、空を飛ぼう。
あの空をどこまでも行こう。
きっと明るい太陽と柔らかな風が僕を待っている。

僕を、待っている。


※究極の不幸が僕の後ろで発狂していた。
[PR]

by ten2547 | 2008-12-27 00:19 | 雑感

ペオンムコスタミオナール

どんなに罵られようと、怒鳴られようと、ただひたすら頭を下げて耐えていればいい。
そういうことを覚えた人は、ひとときグッとガマンすればまた元通りに戻れることを知っている。
多少プライドが傷つくくらいどうってことない。

面倒な手続きがいやだからと保険金を請求しない人が多いほど、保険屋は繁盛する。
でも最近は「不払い」問題が怖くて、向こうから支払いを勧めてくれるようになった。
それもかなりご丁寧で執拗だ。アツモノニコリテ...か。

まるで身体がその周期を記憶したかのように、きまってこの時期自己主張を始める。
何かの警告のようでもあり、単なる偶然のようでもある。
どうしても諦めきれない想いがあるとき、多少の体調不良はなかったことにしたいし、実際、気力で乗り切るってことはあるんだと自己暗示にかけてみる。

世間の波に何とか逆らわずに、安定した暮らしがしたいともがいてみても、ある日突然、平穏な日々が崩壊することだってある。自分で選んだ道だから仕方がないと割り切ろうとしても、どうしても割り切れない端数を抱えて厳しい現実と向き合うとき、誰かのせいにすることで救われようとする、そんな一見おとなしい人間が見知らぬ人に刃を向ける。

刃を向けられた人はその理不尽さを呪い、からだとこころの痛みに耐えつつも、いかに自分が幸せで、恵まれた人生を送っているかを実感する。
昨日まで気付かなかった、ささやかで平凡な生活の中にある、ありふれたものだけど。

今日はできただろうか。
明日はできるだろうか。
明後日には僕は警告をことごとく無視して自分の持つ可能性に賭けてみる。
大袈裟だけど、他に何もないのならそれくらいで丁度いい。

だから今日は黙って見送った。
そして明日もひたすら耐え忍ぼう。
明後日になれば僕は違う人格と札束を携えて世界経済の妙に遊ぶ、かも...

バカだね。
この時期になると僕の身体が僕に向かってそう笑う。

なす術もなし。

返す言葉はなおさらない。

全ては彼の手に内にある、見えざる力によって導かれる、果てしなき戯言に過ぎず。

でも、シアワセ。


※背徳 偽善 快楽 虚無 絶望 その先の安寧
[PR]

by ten2547 | 2008-12-25 22:29 | 雑感

พริก กระเทียม น้ำส้มสายชู

あれ? 醤油は?

(焼き)餃子を食べる時って何をつけるか。
ウスターソースってどう?
マヨネーズはいかが?

やっぱり醤油に酢にラー油か?


※限りなく 果てしなく 自由
[PR]

by ten2547 | 2008-12-21 11:33 | 嗜好

ลมและเมฆและรุ้ง

ウソをついた報いか。

まるで渡り鳥のように決まった時期に訪れる、招かれざる客を手厚くモテナス。

広い心で。

篤き情で。

これが、僕の、生きている証と心得て。

などとノンキナことを言ってる場合ではない。

非常事態だ。

一大事だ。

・・・だ。


※もう年末の挨拶は結構ですから...
[PR]

by ten2547 | 2008-12-20 15:58 | 白書

ウィルス蔓延

去年もそうだったらしいが、今年も既にそうらしい。
僕らの周りには奴らがウヨウヨ飛び交っているのだろう。

自分の住んでいるところも含め、インフルエンザの流行が始まった都道府県は予想以上に多かった。周囲で次々と倒れていったのは単なる風邪だったのか。それともインフルエンザだったのか。

12月。
仕事もそうだけど、わけのわからないほど飲み会が多くなる。
でも思った。
一次会で帰ればダメージは小さい。
二次会に行くからいけないんだ。
深酒する。帰宅が遅くなる。睡眠不足になる。翌日は調子が出ない。仕事が滞る。無理をする。また飲み会に出る。これを繰り返して挙句の果てに風邪を引く。風邪ならいいがインフルエンザに冒されて会社を休み、泥沼化する...

ここ数年、予防接種も受けることなく、何とか流感にも罹らず、少々の風邪気味くらいで済んできたけど、今年はどうだろう...。この時期に東京出張なるものが入ってしまった。ここで体調を崩すわけにはいかない。年末年始は大切な予定が僕を待っているのだ。

でも、東京...
大人しくホテルに帰って早めに休む..なんて有り得ないな。
その東京もインフルエンザ流行宣言。

だからなんで12月に!
しかも明日はなぜか雨!!

サバイバルだ。


※明日も一次会で家に帰ろうっと。
[PR]

by ten2547 | 2008-12-16 22:39 | 戯言

靴辱

それでも飛んでくる靴を避けられたじゃない。
あれがデコにでも当たって無様な姿を世界にさらけ出していたら、それこそ悲惨だったべ。

靴の底をお舐め!!
に興奮する輩もいれば、
そんなこと死んだってできない人もいる。

ところ変われば...


※あんなことも、そんなことも、いざとなったら、その気になったら...
[PR]

by ten2547 | 2008-12-15 23:05 | 馬鹿