夜行列車

普段テレビドラマなど見ないけれど、土曜の夜、家に帰っていたこともあり、特に何もすることがない風呂上りに、たまたま始まった「点と線」を観た。
2時間ドラマかと思ったら2夜連続の前編だった。
え、ということは明日(日曜日)も観ないといけないわけ?
などと思いながらも、特にすることもないので最後まで観てしまい、ついでにこっちに戻って後編も観てしまった。

夜行列車で九州や北海道(途中で青函連絡船だけど)へ何時間もかけて行っていた時代設定なので、事件解決にも時間がかかるし、トリックもそんなに複雑でもなく、飛行機ってまだ飛んでないんだっけ?何て思ってると、ええ!?っていう感じで、事件解決してしまうあたりは微笑ましい限りだが、今はどこへ行くにも便利で早くなったから、アリバイ作りもたやすい反面、バレるのも早いわな、などと本筋と関係ないところで、かえってこの時代だからこそできた設定に素直に感心した。「踊る大走査線」とは全く反対で、所轄のベテラン刑事に本庁の連中が敬意を表し、敬礼しているあたりなんかも、やっぱり時代の違いだろうか、背中がむずむずするのを感じながらも、これまた素直に、いいじゃん、などと思ってしまうのでした。(クサいセリフが似合う青春ドラマに通じるものがあるか?)
宿帳や乗客名簿なんかも全部手書きだし、当然携帯電話なんかもないわけで、ぼんやりしたアナログの景色の中に、くっきりと浮かぶ真実の姿は、今よりも濃く、太く、ずっしりとしているように感じるのは、最近やたらとわけのわからない殺人事件が多いせいでもあるのかもしれない。

便利で軽くてペラペラな現実の中では、何でもすぐに手に入るけど、大して面白くも可笑しくもなく美味しいわけでもないことに気付いてしまい、受け入れる器の大きさもなくて、途端に回路がショートしてしまうのか、実際に経験したことがないことを、さも体験したかのような勘違いや思い過ごしも手伝って、迂闊に手を出してしまい、即拒否されてもう見境なく理性もなくただの野蛮人と化してしまう。

そんな時代だから、夜行列車なんか耐えられないだろうな。
僕も乗ったことないけど。(夜行飛行機ならあるが...)
かえって面白いかもしれないけど。
もう時代は元には戻らない。


※そうやって人も地球も滅びていくんだね。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-26 23:22 | 戯言

ザラザラ

いつもそう。
得体の知れない苛立ちを覚える。
ちかくてとおい僕の「ふるさと」
とおくてとおい僕の「ふるさと」
特に、何の感慨もなく、
特に、何のコメントもせず、
ただ、眺めてた。
優しい言葉のひとつもかけることなく、
一刻も早くその場を立ち去りたいと思ってた。

自分がいかに酷い人間かを映し出す鏡のような存在。

それが僕をイライラさせる。
ザラザラした心地悪さを感じさせる。

昨日はいっそう遠くに感じた。
今日はさらに遠く思えた。

僕の「ふるさと」


※そして見ず知らずの人に八つ当たり...
[PR]

by ten2547 | 2007-11-25 23:43 | 白書

星降る夜

久々に、ホントひっさびさに、家に帰ろうかと思う。
入院した父を見舞う、というのは建前の理由。
だけど、それ以外に理由もないので、それ以上に僕を「ふるさと」に向かわせるものは見当たらないので、そういうことにしておこう。(回りくどい...)
取り敢えず大事には至らなかったみたいだし(数値は生きているのが奇跡というくらいひどかったらしいが...)、そう簡単には死なんわな、あん人ば。

で、何を思い悩んでいるかというと、車で帰るか、新幹線にするか、というこれまた相変わらずどうでもいい、クダラナイことで迷っているのでありました。
当然、新幹線の方が早くて安いのだろうが、おニューの車で初めての遠出もしてみたい。
ガソリンは高いし、連休は混雑しそうだし、腰も痛いけど、ドアtoドアを思えば、車の利便性は捨て難いし、好きな音楽を「熱唱」しながら行けるのも魅力だ。時間も自由だし、駅まで歩いたり、駅からタクシーに乗ったりする必要もないな~。(同じこと言ってる...)

明日決めようっと。

それにしても今夜は寒い。
昼間はすっきりした青空が眩しかったし、遠くに日本一の山も見えた。
夜空には星が輝いているんだろうか?


※夜、出発しようか、それとも朝にしようか。どうでもいいことでまた悩む。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-22 23:52 | 戯言

いつもお世話になっておりません。

寒い。
僕の大嫌いな季節に突入してしまった。
子供の頃は大好きだった冬も、いつの間にか逆になり、大嫌いだった夏を恋しがるなんて、小学生の頃の自分が知ったらさぞ驚くことだろう。

ま、そんなことはどうでもいいや。

まるで年中行事のように、この頃になると僕の身体が不調を来たす。
今年1年溜め込んだ悪いものを全部吐き出すように、身体がキシキシと音をたてて崩れ始める。一度乱れ始めるともはや止めることはできないかのように、ガタガタになっていく自分を冷めた視線で眺める。勝手にすれば?そうやって反乱を起こすんだね、キミは。いつも。
季節のせいにして、弱さのせいにして、僕は足を引きずって歩く。
そうやって静かにフェードアウトしていくことを望んでいるかのように、計算高く、最後の一点に向かって収束していくことを狙っているかのように、僕は少しずつ退場していき、みんなが気付かないうちに舞台から消えている。

しょうがないよね。
そう思ってもらえれば上出来だ。
これは演技か?そうかもしれない。無意識のうちに僕は弱々しい人になりきって、いつの間にか周囲の人も納得していることに驚いたりしている。
僕って天才かも?

ま、そんなこともホントどうでもいいや。


※ありがとうございません。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-20 22:51 | 戯言

寒い...

インドの山奥でんでんかたつむリンゴは真っ赤っかあさんおこりんぼ~くは泣いちゃったぬきのどきんたまんじゅう食いたいな~んの唄だろう!


※真冬にアイス  真夏に鍋物
[PR]

by ten2547 | 2007-11-19 21:35 | 戯言

僕は死んでも父親にはなれないけどね。

だからと言って、僕が子供を愛せる父になれるかというと、たぶん、いや絶対かな、無理だろう。
まず、父親になること自体有り得ないもんね。

仮に何かの間違いで子供ができたとしても、きっと自分の父と同じ道を辿るんだろう。
そういうところは親子なんだね。
何となくわかるんだ。
だから、(それが一番の理由じゃないけど)僕は家庭を持たない。持てない。

死ぬまで一人で生きていく。

それが自分の生きる道で、カミサマが与えてくれた僕の人生、だから。

その意味でもやっぱり、結局、彼に感謝することになるんだろうな。

僕がボクであること。
それはすなわち、父親にはならない、ということ。


※そして一番会いたい人は自分の息子であるということ。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-17 00:08 | 放言

枯れゆく命

父の容態が悪化した。
元々病気のデパートみたいな人だったから別に驚きもしない。
今までよく持っていたと思う。
もう、長くはないだろうな。

彼は僕にとっては反面教師そのもので、
一番なりたくない人間であったから、
そういう人が間近にいることで、常にそうならないように気をつけることができた。
その意味では感謝しなければならないだろう。

おまけに一度として「愛された」という記憶がない。
むしろ自分は嫌われている、憎まれている、常にそう感じていた。
愛情の表現が苦手で不器用な昔タイプのお父さん、などとステレオタイプな分類を試みても、百万歩譲っても、自分が愛されていたとは到底思えない。
僕の生きる支えは彼を憎むことであり、距離をとって、災いを避けるように付き合っていくことだった。
一刻も早く彼の元を去ることだけを願っていた。
おかげで15歳くらいで精神的には独立していた。と思う。
その意味でも感謝してもいいかもしれない。

仲睦まじい父子を街角で見ると、うらやましいというより妬ましく殺意に近い憎悪に苛まれる。
僕が願っていて叶えられなかった温かい感情に包まれていることが、ただただ悔しい。

そんな父が病に苦しんでいる。
当然の報いだからね。
自業自得だからね。
そう悪態つきながら今こそ天使の心になって優しく接してあげるべきじゃないのか、などと大人になろうとも思うけど、長年蓄積した僕の深い絶望と憎悪はそう簡単に消滅するものではない。
最期の最後に叫んでやる。
僕がどんなに惨めで悲しかったかを。
僕がどんなに辛い思いをしてきたかを。
僕がどれほどアナタを憎んでいるかということを。

な~んてね。言えるわけないけど。
でも心の中では思いっきり吐露させていただきますよ。

もし、少しでもそういう気持ちがあるのなら、今からでもいいから、アナタの口から聞きたいものだ。
僕を愛していたのかどうか。


※僕は、愛されたかったです。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-16 23:47 | 放言

朝から号泣

「旅立つ日」を聞いて、朝から泣いた。

あれはいかんやろ! 第1話

それはあかんやろ! 第2話

ジュレップス

※所沢万歳!!
[PR]

by ten2547 | 2007-11-16 00:14 | 音楽

セルフこわい

自分でガソリンを入れたことがない。
セルフサービスのスタンドを利用したことがない。

マクドナルドに入れなかったのと似ている。
システムがわからないから何となく入りそびれたままになっている。
やってみればなんということはないのだろうけど...

理由はもう一つ。
ガソリンを扱うのがコワイのだ。
静電気を帯びやすい僕なんかが触ったら引火するのではないか。
放電するための装置がついていることも知っているけど、それでもやっぱり恐ろしい。

そんなこんなで一度も利用したことがないのだ。

この前、友達が給油するのを見せてもらった。
な~んだ。簡単じゃないか。
とは思ったものの、きっと僕は使わないだろう。
値段が安いのも承知しているが、それでも誰かにやってもらいたい。

ガソリンといえば、タイの路上でビンに入った液体が売られてた。
何だろうと思って近寄ってみると、それはコーラのビンに入れられたガソリンだった。
あんな炎天下で爆発しないんだろうか。
あれをバイクなんかに入れるときこぼれて大変なことにならないんだろうか。

どこまでも臆病な僕です。


※ああ、もうホントにガソリン入れなきゃ。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-14 22:06 | 戯言

足が...

痛い、よ。

たまらん。

耐え難い。

今日も一日乗り切った。

全て順調だ。

でも、この痛みは身体からの警告で、

神経を刺激する。

早く寝ろ、と。


※そうしよう。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-13 22:55 | 戯言