<   2007年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧

イケメンがいっぱい

アスリートたちに囲まれる。
彼らは、何だかいい匂いがする。
精悍な顔、太い腕、そしてプリッとした大きなお尻....
ホンモノの♂がそこにいた。

いい気分のまま、「イケメンたち」と飲みに行った。
そこはまた、「イケメン揃い」のバーだった。
すごいですね~とか言いながら二の腕を触らせてもらう。
こういう店に一人で来れるようになったらいいけどな....

思いっきり飲んで騒いだ。

「イケメン」に酔った夜。
理性で耐えた夜。
お前が好きだって全身で叫んで、
ちょっとだけカミングアウトした夜。


※今夜もいい月出てマス。
[PR]

by ten2547 | 2007-05-31 23:18 | 色恋

สวรรค์และนรก

どっちにしても、舌を刺激するのは同じ。

シャープなนรก か ディープなสวรรค์ か。

もう中毒に近いかもしれない。

白い粉より赤い粉

心地よい快感に酔いしれる。


※冷奴にもいけるし。
[PR]

by ten2547 | 2007-05-28 23:40 | 嗜好

ムーディーって....

♪ちゃらちゃちゃちゃらっちゃ~
  ちゃらちゃちゃちゃらっちゃ~
   ちゃらちゃ~ちゃちゃらちゃっちゃちゃらっちゃ~

  早く新曲が聞きたいな~.....


※だけど、僕は、全く気にしないぃ~~~
[PR]

by ten2547 | 2007-05-28 23:02 | 戯言

本日の献立

今日は何だかその気になって、夕食に『クンオップウンセン』を作ってみることにした。
僕の大好きなタイ料理のひとつだけど、ナムプラーじゃなくて、オイスターソースとごま油を使うので中国料理から来たものだと思う。(これだけじゃなくて中国料理はかなりの割合で影響を与えているだろう。)

作り方はそんなに難しくはないけれど、材料が揃わないとあの味がでない。

主役の海老はそんなに好きでもないし、別になくてもいいのだけれど、一応料理の名前にもなっているので少しだけ買うことにする。

<材料>
・海老
・春雨
・しょうが、にんにく、セロリ とここまでは何とかなる。
・豚の背あぶら これはなくてもいいかな。
・パクチーの根 これは手に入らないので、瓶詰めの粉末で代用する。
・ねぎ、エシャロット(は売ってたけど量が多すぎたので玉葱で代用)
・バター
これだけあればいいんだけど今日は椎茸とえのき茸を加えてみる。
<スープ>
・クローブ    これは市販されているスパイスでOK
・鶏がらスープ これは市販の顆粒のもので。
・オイスターソース、ごま油、醤油、胡椒、ウイスキー、砂糖

・ナムチム(つけダレ)は酢とトウガラシ、ナムプラー、みじん切りのセロリの葉とニンニク、で作る。

<作り方>
背わたを取った海老、その他の野菜を鍋に入れて、その上に湯がいた春雨を乗せる。
スープをかけて、バターを乗っけたら蓋をして強火で煮る(料理名は蒸すだけど)
煮立ったら弱火にして5分ほど煮たらできあがり。
お皿に取って、ナムチムを好みでかけていただきます。
今日はまあまあの出来だった。ちょっとスープが少なすぎた(春雨が多すぎた)ようで、味が薄かったけど、その分ナムチムをたっぷりかければ大丈夫。ご飯に乗せて食べても美味しい。
クローブとバターが効いている。
この料理自体は辛くないが、ナムチムにトウガラシをたっぷり入れれば最終的にはスパイシーに仕上がる。

今夜は、韓国風鰹の刺身と、豚の冷しゃぶ、豆腐とワカメ、水菜で簡単スープ、それにタコ酢も作った。


※とても一人では食べ切れなかった....
[PR]

by ten2547 | 2007-05-27 21:21 | 厨房

สีสอง

สีฟ้าและสีขาว
สีขาวเป็นเสียงของใจ
สีฟ้าเป็นการตะโกนของเนื้อหนัง

※そして時々สีแดงของความคลั่งไคล้
[PR]

by ten2547 | 2007-05-27 14:13 | 白書

เหนื่อย

ถึงประเทศญี่ปุ่นสี่ฤดู
ฤดูใบไม้ผลิ ฤดูร้อน ฤดูใบไม้ร่วง ฤดูหนาว 
ถึงประเทศไทยก็สี่ฤดู
ฤดูร้อน ฤดูฝน ฤดูแล้ง ฤดูหนาว
ถึงใจของคนก็การเปลี่ยนแปลง
อารมณ์ดีใจโกรธเศร้าและสนุกสนานของมนุษย์ 
จะยินดี จะโกรธกริ้ว จะเศร้า จะสนุกสนาน  
คนร้องไห้
คนจะอึดอัดจะกลัดกลุ้ม
คนจะตาย


※เหนื่อย ホントにเหนื่อย
[PR]

by ten2547 | 2007-05-27 13:53 | 白書

残酷な動物園

最近何かと槍玉にあげられる不毛の「経済大国」に関して、また「世論の非難を浴びる映像」が流された。

サファリパークのような動物園で、生きた牛や鶏をエサとしてトラなどの肉食動物に与えて、それを人民がバスからケラケラ笑いながら見ている、という「残酷物語」的映像だ。

早速、青い目の動物保護大好き連中が雄叫びをあげた。
酷い。残酷だ。即刻止めさせよ。
人間とテーブル以外四足ならなんでも食べる(だったっけ?)と言われる美食大国でもあるかの国においては、野生動物のお食事風景もごく自然なものなのかもしれないな~。
それよりさ、動物園自体かなり残酷な施設だと思うんだけど。
トラにしてみりゃ生きた牛の方が嬉しいと思うし、そういう世界に生きてるんだからいいんじゃないのかな。それを人間が面白がって見ているのがいけないワケ?

そもそも大自然に生きるものを狭い檻に閉じ込めて見世物にしていることはさておき、牛や鶏に同情する彼らの感覚は、結局自分たちの価値観を押し付けてきた植民地時代のオツムのままだということの証左で、こればかりはアジアの民としていただけませんな。(誰?アジアの民って)

そんなに動物愛護の精神に溢れていらっしゃるなら、世界中の動物園、サファリパーク、水族館廃止でも叫んでみたらいかがでしょうか。(もう叫んでいたりして...それは失礼致しました)


※オリンピックを前に何とか「文明国家」になりすまそうとしているようだけど、ありのままを世界にお見せした方がいいような気もするな~。
[PR]

by ten2547 | 2007-05-26 18:04 | 社会

อุบัติเหตุ

今日、大失敗をやらかした。
交差点で信号待ちをしていた。
青になったと思ったので車を発進させた。
でも青にはなっていなかった。
僕は一つ先の信号を見ていたのだ。その前もその前も青だったから、自分が待っている信号も青になったと思い込んでしまった。
気がついてブレーキをかけたけど、交差点の真ん中くらいまで進入してたかもしれない。
幸い車も歩行者もいなかったので、何事も起こらなかったがこの暑さの中冷や汗をかいた。

僕は前にも一度重大な信号見落としをやっている。
もしその時横から車が来ていたらたぶん即死か重症だったと思う。
なぜそんなミスを犯すのか。

疲れていた。             yes
慣れていない道路だった。      yes
ボ~っとしてた。             yes
オトコに見とれてた....          論外だが...yesかよ!!

理由はどうあれ、起こしてからでは遅すぎる交通事故。
気をつけなくちゃと思いながら進んだその先で、なにやらすごい騒ぎになっていた。
どうやらかなり激しい事故があったみたいだ。
僕の行く手は何台もの緊急車両でふさがれていて直進は不可能だった。

自分がああなっていたかもしれない。


※安全運転で行きましょう!
[PR]

by ten2547 | 2007-05-26 17:51 | 日常

ฝนกลางวันหนึ่ง

僕の目の前でたくましい腕が行き来する。
僕は自分を失いそうになりながら、できるだけお前に近づいてみる。
僕らは並んで、一緒に作業をする。
仕事だけど、僕にとっては至福の時でもある。
変だけど、バカだけど、これでいい。
これしかない。

朝から激しい雨が降っている。
一日中降っている。
こうして全てが元に戻っていく。
それでいい。
それしかない。


※明日は生意気なクソガキたちとお食事会だ!
[PR]

by ten2547 | 2007-05-25 22:48 | 色恋

ご懐妊

奴がパパになる。
そ、そうなんだ。おめでとう。

当たり前のことなのに、僕はこころの底から祝ってあげられない。
奴が普通の世界に生きていることは百も承知で、そんなことは絶対にありえないとわかっていながら、寝顔にそっと視線を送った。
お前は彼のほほに触れたよな。髪の毛だったかもしれない。自然で何だかとても美しい光景だった。そしてそれはとても愛情に溢れていた。
僕の思い過ごしに違いないが、その距離感は衝撃的でもあった。
そんな奴も父親になり、その小さな命を守るために何かを犠牲にしていくんだろうな。

おめでとう、よかったね。
そう言いながら、僕は卑猥な想像にふける。
奴の遺伝子が受け継がれる瞬間と、そこに至る営みの映像を真昼間から思い浮かべているうちに、またどうしようもなく気分が沈みこむ。
窓の外を眺めるふりしながら、僕は奴への想いを断ち切ろうと努力する。

きっとかわいい子が生まれてくるんだろう。
そしてお前は優しくてステキなパパになるんだろう。

おめでとう。ホントによかったな。


※僕はひとり自分を汚して拭うこともしない。
[PR]

by ten2547 | 2007-05-25 00:00 | 戯言