<   2006年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

A Z

東野純直クンは自分の名前であるアズ(AZ)に因んで、アルバムのタイトルをアルファベットのAから順に発表していった。(だからZが最後になるんだろうけど)

Actor&Actrres
Breath
Colors
  ・
  ・
  ・
FかGあたりまでは見たような気がするけど、その後はどうなったんだろうか?
彼のひたむきさとパッションを感じる歌が好きだったな。
何かひとつルールを決めて、それを自分への課題として一歩ずつ前進してくのはいいけれど、逆にそれが足かせとなり、自由を制限するものとして邪魔になることもある。

特に深い理由はないけれど、今月はタイトルを漢字二文字で統一してみた。すぐやめようと思ったけれど、せっかくだからと今日まで続けてみた。これまた特に何の感慨もないけれど、今日で終わることが何だかとてもうれしい。
さあ、明日からは自由だ。
タイトルを俳句にしなくてよかった。

※Zodiac~キミも僕の勇気~
[PR]

by ten2547 | 2006-05-31 22:43 | 放言

特需

インドネシアの株価が上昇した。
海外からの復興支援による特需期待への反応だそうだ。
たくさんの人が亡くなり、生きる術もなくうずくまる子供が溢れていても、それで儲ける人もまたいるわけで...

※それが資本主義
[PR]

by ten2547 | 2006-05-30 13:06 | 社会

月力

27日、大地が揺れた。
この日、月は見えなかった。

※新月だったんだね。
[PR]

by ten2547 | 2006-05-29 09:02 | 戯言

祝杯

小さな山だけど、とりあえず越えたってことで、急に降り出した激しい雨にもめげず、自分にご褒美をあげに出かけた。こういう瞬間があるから、何とかやっていけるのかもしれない。どんなに苦しくても辛くても永遠には続かない。いつかは終わる時が来る。ハッピーエンドとは限らなくてもゴールが見えてきたら、とにかくそこを目指せばいいんだ。そうするしかないんだから。
昨日の酒は旨かった。
些細なこと、ありふれた日常の中にこそ大切なものがある。
毎日の小さな感動を忘れずにいたい。

自分を好きだといってくれる人が目の前にいたら、どうしたらいいんだろう。
自分を好きだといってくれる人のことを好きにはなれない場合、どうすればいいんだろう。
自分を好きだといってくれる人のことを好きになったら、何をすればいいんだろう。
その全てが過去形になったなら、僕は何を言えばいいんだろう。

ありがとう、かな。

※エネルギーが足りないんだ。僕には。
[PR]

by ten2547 | 2006-05-28 11:46 | 日常

知性

アナタの目を真っ直ぐに捕らえることが僕の答えだった。
溢れ出す知識と穏やかな語り口は愛撫のように僕を優しく刺激しつつ眠りへと誘う。
若くして頂点に昇りつめたアナタに怖いものなど何もない。
きっと毎日大勢の学び人を前に、まるで神の如く迷える子羊たちを諭しているんだろうな。
たくさんの視線に射抜かれながら自己陶酔…それもきっと許される。アナタならば。

※ひと時学生に戻って。
[PR]

by ten2547 | 2006-05-27 07:02 | 生業

更迭

・人が入れ替わること。
・人を入れ替えること。
・あらたまり変わること。
・異動

※これしか意味がないはずなのに、「左遷」に聞こえるのはナゼだろう?
  -左遷:現在よりも低い官職・地位におとすこと。⇔栄転
[PR]

by ten2547 | 2006-05-25 23:45 | 社会

有終

の美??

最後くらいはカッコよく決めたいよね。
終わりよければ全てよし、か。
予期せずそうなったんだけど、何か虚しい。
苦しい、ホントに苦しい3週間が終わった。試練の日々だった。まな板の上の鯉だった。
生き地獄だった...。
それも今日で終わった。もっとうれしいかと思ったけどな。そうでもない。
ホントの地獄はこれからなんだけど、とりあえず一つ山は越えたな。

今日、会社で昔の資料をひっくりかえしていたら、まだ「若かった頃」の僕を見つけた。
結構自由気ままにやってたんだなと今になって思えば赤面ものだが、今の自分が失ったものを再発見した気分だ。あの頃一番苦しい時期だと思ったけど、今の方が何倍も厳しいし、難しい。
便利になった分、やることは増えたし、できることの幅も比較にならないし、だけど一人の人間ができることは限られてるじゃない。どこかで無理してんだよね。僕だけじゃなく、みんなが何かを犠牲にしている。
それは、健康  失ったら元も子もないのにね。
それは、家族  最後は家族だけだろうな。
それは、自由  休みの日も会社に来てしまうようになったら終わりだ。
それは、自分  自分を犠牲にして自分のために働いているって何か変だな。
でも、苦しければ苦しいほど、やり終えた時の気分はいいもんだ。そう思ってた。
今日のあの感じは、きっとどこかで手を抜いていたせいだ。どこか後ろめたい気持ちが残っているから、だからかえって成功したことが恥ずかしい。最後になって「さくら」を使ったことが悔やまれる。素の姿を見てみたいなんていってたくせに、虚飾で焦点がぼやけてしまった。
それでも、これでよかったんだ。と自画自賛した。
救われない。

※仕事ですから...
[PR]

by ten2547 | 2006-05-25 23:37 | 生業

林檎

そして、檸檬-

一日の終わりは甘酸っぱい飲み物で締めくくる。
この白くとろけるような舌触りが一日の疲れを癒してくれるんだ。

※RPSNCN
[PR]

by ten2547 | 2006-05-24 23:21

泡沫

頼りなげな存在とは裏腹に、生理的欲求にも似た避けられない瞬間が訪れる。
このまま消えてなくなりたい。
弱気が最大出力で僕を安らかな眠りへと誘い始めた時、何百回と繰り返した想定問答がエンドレスで再生される。
確かなものなどどこにもない。
確実なことなどひとつもない。
それでもこの扉を開けなければ明日はない。来ないのではなく存在さえしない。
僕は一体ここで何をしているんだろう。
意識の下での幽体離脱が始まった。
哀れな惨めで情けない自分を傍観している自分がいて、頭を抱えている。
そんなことしてないで、ここへおいでよ。苦しみを分かち合おうよ。胸が痛くなる思いを一緒に味わおうよ。
吐きけがする。

誰もが一度は通る道、なんだろうが、できれば避けて通りたい。
誰もが一度は経験すること、であっても、できれば知りたくないこともある。

隣の人が幸福に見える。
欲しいのは優しい言葉ではなく、罵詈雑言...
悪いのは全部オマエと罵って欲しい。辱めて欲しい。
そして、泡のように蒸発してしまいたい。

※お願いだからそっとしておいてくれ。
  とても電話になんて出られない。とてもそんな話する気にはなれないんだ。
 今は...
[PR]

by ten2547 | 2006-05-23 23:15

夭逝

その時浮かんだのは優しい母の笑顔だろうか....

おかあさん!と叫ぶ間もなく、突然目の前が暗闇に閉ざされた。
あの温かい我が家まであと数十メートルのところで、世界は全く違う色に染まった。
どんどん遠くなる「一番帰りたい場所」がどれほど大切だったか、そこで「自分の帰りを待つ人々」がどれだけ愛おしい存在だったか、気づいた時はすでに遅かった。

あまりにも短い人生だった。
全てが過去形になった。

※なぜ自分がそこにいるのかもわからぬ間に...合掌
[PR]

by ten2547 | 2006-05-22 23:27