<   2005年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

M.Y

やっぱり..

キミが好きだ。
キミが好きだ。
大好きだ。

キミが好きだ。
キミが好きだ。
大好きだ。

大好きだ。

※そうだ。ずっとキミのことだけ考えて過ごそう。
[PR]

by ten2547 | 2005-12-29 00:45

のぞみ かなえ たまえ

深い海の底に沈んでいく。
こうして終ってゆく全てを静かに見送る。
最後は後味の悪いものだったが、反省もせず、お互い様と結論づける。
さて、ここから脱出する時がやってきた。
耳鳴りと眩暈の中、僕は一体何どこへ行こうというのか。

全ては..

カミサマのいうとおり。

※さりげなく、感謝です。
[PR]

by ten2547 | 2005-12-28 23:23

ガッツポーズがいけなかったか?

案の定というか、安藤選手のショートプログラムの点数は伸びなかった。最近「ミス」を連発し、不調の中での「ガッツポーズ」だけに本人としては不本意だろう。
たぶん、そんなことはないと思うけど、コマーシャルに出たり、テレビに出たり、ちょっと派手に見えるとか、スケート以外のことをやりすぎているというイメージが彼女にマイナスに働いているのでは、などと勘ぐってみたくなる。
昨日の女子はみんな良かった。確かにあの中だと仕方ないかもしれないが、滑走順や観客の反応などいろんな要素が「影響しなかった」とは言い切れないだろう。ベテラン勢は安定した演技をしていたし、「久々に」見た新鮮さがあった。わずか1週間前に滑った3人にはあの時のイメージがまだ残っており、そのまま引き摺られてしまったという印象は否めない、ような気がする。あくまでも気がするだけだけど..

※採点競技は何となくすっきりしないことが多い。
  「採点ミス」は本当にあれだけか?
[PR]

by ten2547 | 2005-12-25 11:17

信成「一瞬天下」なり

またしても「システム」が原因だそうだが、間違ったのは人で、傷つくのも人だ。
精一杯戦って敗れたのならあきらめもつくだろうけど、これじゃあね~。勝ったほうも負けたほうもすっきりしないだろう。まだ最終結果が出たわけじゃないけど、やっぱり天下統一の道のりは厳しいもんだね。

※もう一度やり直すってのはダメか?
[PR]

by ten2547 | 2005-12-25 10:26

優しさのおすそわけ

診察室はまるで災害時のように混雑している。
患者も多いのだが、場所が狭すぎて処置するベッドの数が足りなさ過ぎるんだ。
かしくて僕も1時間半待ちよりも、「通路での」診療を承諾した。当然カーテンも何もないから、ベッドで「お尻丸出し」の姿を世間様に晒しながら、痛い注射をくらう。
しばらく休憩していると、隣の診療ベッドに若い医療技工士がやってきて、患者のおばあさんと杖やらコルセットのことで会話を始めた。カーテン越しに、彼らの話を聞くともなく聞いていた。10年前に大学生だったということだから、今は30歳前後だろう。おばあさんの言うことに答えながら説明する彼の口調は穏やかで、優しかった。傍で聞いている僕にも、多少は関係のある内容だけにその優しさが自分のことのようにうれしかった。恐らく彼の相手にする患者は大部分年寄りだろう。仕事だから当然とはいえ、あれは彼の持つ人間的な暖かさや礼儀正しさが相手に安心感を与えているのだ。「いい仕事してますね」僕はこころの中でつぶやく。

自分は人に優しいだろうかと考える。
優しくしてもらうことはあってもその逆はどうだろうか。
今はこんな弱々しい姿でベッドに横たわっているが、普通に元気な時は、彼のように穏やかに話していただろうか。周りの人のキモチを和ませるような存在だろうか。
考えるまでもなく、全てはその正反対に位置している。

次の患者が入ってくるまでの短い合間に僕は彼に話し掛けた。
少しだけ、優しさのお裾分けにあずかりたくて..

※そんな時だけ、両親に電話をかけてみたりする..
[PR]

by ten2547 | 2005-12-24 08:57

風の中のショーン

とびっきりの笑顔残して、彼は粉雪舞う街に消えていった。
さよなら..ショーン

現実は厳しい。
ただ、厳しい。寒いことなんてどうでもいい。僕は大切なものを失ってまで、自分の肉体を守ろうとした。そうすることが最良の方法なんだと自分に言い聞かせて、最大の我儘の果てに、キャンセルボタンをクリックした。
自分はそれでいいだろう。画面の向こうに大勢の人が見えた。怒っていた。怒っていればまだいい。黙って、何も言わず去っていく後姿が痛かった。こころが痛かった。身体の痛みよりもそれは神経を刺激した。
ごめんなさい。

会社の付き合いはそつなくこなし、酔って愚痴をこぼす「おじさん」をタクシーに押し込むと、僕のお役目は終る。くそ寒い中、ゲームオーバーの足取りで思い返していた。キミの笑顔を。
4時間後には目を覚まし、キミはキミの世界を歩く。
僕は僕で失った空白を埋めようと虚しい後始末に追われる。
そんな自分を支えているのは、まだかすかに残る希望だけだ。それにすがりつくことで、僕は何とかまだ自分の足で立っている。そこに行けば僕は癒される。幻想でもいい。それは僕に残された最後の生きる手段だから、果たされなければ、そこで果ててもいい。もう二度と望まない。きっともう立ち上がれないだろうから。こうして終っていくんだな。
冗談みたいに聞こえるだろうけど、僕はいつだってそのつもりだよ。

昨日、あの一瞬の交流は、奇跡の出会いは、僕へのささやかなプレゼントだったのだろうか。何でもいいようにとればいいさ。自分ひとりでは何もできないことと同時に、ほんの少しの勇気と意志があれば願いはかなうことを教えてくれた。アルコールに浸ったアタマでも、冷静に考えることができた。そうやって明日につながっていけばいい。こんな無味乾燥な街ででも、希望は持てるんだ。希望というのとは少し違うかもしれない。可能性かな。小さく弱々しい。

現実は僕をここに引きとめ、一つの答えを与えてくれた。
恐くてそれがどういう影響を与えているのか確かめることもできないでいる。
わかっているのは、今日も寒いということだけ。
風が吹いている。
キミはこの寒風の中、「自分の足で」歩いていることだろう。
そう思うことで、僕は救われる。救われたい。
どこまでも自分勝手だけれど。

※僕は賽の河原で石を積むこどもと同じだ。完成する寸前で全てを失う。
  涙も出ない。
[PR]

by ten2547 | 2005-12-23 15:38

サガシモノハナンデスカ?

テレビスポット
新聞広告
やっているけどあと6万台..
ナショナルの苦悩は続く。

※もう廃棄されてるんじゃないのかなぁ
[PR]

by ten2547 | 2005-12-20 12:37

氷上の舞踏

グランプリファイナルも今日のエキシビションで終った。
スケートってあんな大変なスポーツなのに、芸術性や音楽との調和、果ては「笑顔」まで求められる過酷なものだ。僕もほんのちょっとかじったことあるのでわかるけど、フィギュアスケートはとっても難しい。寒いところでおこなうんだからスタミナも必要。だけど(表立っては問われないけど)容姿もとっても大切だ。かつてスルヤ・ボナリが人種差別(のせいで金メダルがとれないのではないか)に抗議して、禁止されているバック転をやったりしたけど、黒人や東洋人は不利とさえ言われたこともあった。そういうことも含めて、採点競技の宿命か公正なジャッジがされていないとの疑いから、採点方式も変わった。
今回は男女ともに日本人も活躍している。女子はそれなりにいい選手が育ってきてたけど、男子はなかなか壁が厚かったのが、初めてメダルもとった。(僕は織田選手を応援してるが..)
とてもいい大会だったと思う。ただ一点を除いては..

※元テニスプレーヤーの「彼」は..嫌いだな。
  暑苦しくて氷が溶けそうだよ。
[PR]

by ten2547 | 2005-12-18 21:39

15の冬

15歳の少女が世界を制した瞬間に酔った。
ホントにジャンプが上手だね、マオちゃん。
ルッツ、ループ、トウループ、サルコウ、フリップ..
でも、おじさんにはアクセルジャンプしか見分けられないや。
おじさんは、ジャンプよりもスピンやステップが好きなんだよ。
やっぱりトリノには出られないけど、次のバンクーバーまでに燃え尽きないようがんばってね。
フィギュアスケート大好きおじさんより

※それにしても男子の扱いが小さいよな。
  高橋くん、がんばったじゃない!
[PR]

by ten2547 | 2005-12-18 11:44

冬来たりなば..

寒いのである。
全き冬の寒さである。でも、すっごくいい天気である。

この部屋は夏は涼しくていいんだけど、冬は厳しい。暖房効率が極めて悪いのだ。暖房器具を増やそうかとも思いつつ、何とか今までやってきたが、今日は、寒いのである。エアコンが頼りなくうなりをあげるが、心細い限りだ。

石油ファンヒーターか、ガスヒーターか強力に部屋を暖めるものが欲しい。
だけど、夏になるとただの邪魔者だしな~。季節ごとに入れ替える必要のあるものは極力持たないようにしている。我が家には扇風機もない。夏は..自然の風と「うちわ」である。でも冬はそういうわけにもいかない。あとは着込むだけだ。重ね着でなんとかしのぎ、暖かいものを食す。どこかへ出かければいいのだが、今はそれもかなわず、まるで冬眠する動物のように部屋で丸くなるしかない。

豪雪地帯の方には申し訳ないが、せめて雪でも降ればまだ冬の情緒が伴って、少しはキモチもほぐれそうだが、ここにはただ乾燥した冷たい北風が吹き抜けるだけで、ココロまでカサカサになる。だから、だから僕は、

冬が大っ嫌いだあ~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!

春を飛ばして夏よ来い。

※来なければこちらから行くぞ!
[PR]

by ten2547 | 2005-12-18 11:03