<   2005年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

悩み無用(って何かのCMのキャッチだっけ?)

今が一番いい。
昨日話して得た結論だ。
若いときはなぜあんなにつまらなかったんだろう?若さという要素が関係しているのか、単に自分の心構えの問題なのか、時代のせいなのか、きっとあの頃はあの頃で今が一番と思って生きていたはずだ。人生に絶望するなんて3度の飯のごとく日常に安座していて、それこそオオカミ少年状態だから、何の重みもなく存在している。死にそうとか、もう帰ってこないからね、なんてセリフも、ねえねえ僕はここに居るよ。もっと僕を見て見て~と母親の裾を引っ張る子供と同じなんだ。
思いっきり後悔してみたくて、周囲を唖然とさせたできごとも、普通にその役目を果たす道具と化して、大した効果も残していない。人生においてサプライズは起こすべくして起こさなければならないのであり、ぼ~っと待っていてもあっちからはノックもしてくれない。ノックされても困るけど(あ、でも国勢調査の時はちゃんと応対してあげて下さいね。あれ、調査員大変なんだから!)
なぜ今が一番なのか。
過去に興味がないから。未来に期待していないから(不安も感じていないならなおいい)
写真もないし、夢もない。
ここにあるゲンジツ、ここいるワタクシ、そこにあるモンダイ、資産も負債も両手で抱えて、他人の誹謗中傷も枝葉を伸ばす肥やしに変えて、冷たい仕打ちも敢えて受けられるほど図太くなり、そう、何より多くを望まない姿勢がいい。楽だ。そして豊かだ。明日死ぬかもしれないから、今日を大事にするとかいうのでもなく、縁側で茶をすするほのぼのさと、もうこれ以上やったら足腰立たなくなる限界の挟間で得た最大公約数を瞬時に見分けるチカラは経験の賜物なんだろう。それら全てを総動員すると、若さが透けて見える。人前で喧嘩する情熱もいいだろう。食い逃げするくらいのやんちゃも許す。だけど、彼らはここへは来られない。多分入り口が見つからない。チケット売り場が見当たらない。それを裏から見たとき、自分が安住の地に辿り着いたことを確信する。
負け惜しみと人は言うだろう。
そうとも言えるだろうし、また同時にそれもどうでもいいくらい、居場所を確保した人間の強さは、何でも手にすることが出来るという勘違いと自信を背負って、すっと世の中に背を向ける。その時の快感がたまらない。それができる今が楽しくないわけがない。
何でも経済の話にもっていくんだ。
それも大事だろう。お金がないと逆立ちしたって手に入らないものもある。でもね、お金じゃないんだな。値札は下がってても、買わなくていい時もある。売り物でなければ買うこともできない。じゃ、どうやって手に入れるのか?その答えを見つける瞬間がある。感動する、はずだ。感謝の意味をかみしめる。世界中のありがとうを集めてユニセフに寄付したくなる。
でも、宗教だけはごめんだ。
今この国を支配し、左右している特定の集団には吐き気がする。
ダレも言わないけど、身の回りに潜んでいる。彼らの思想は静かに、確実にこの国を包み込み、ある時異常なまでの発言力を持つ。でもダレも叩かない。
危険なことだ。
これでいいのか。

だから祖国を捨てようと思う。
捨てられる前に、自ら出て行こうと思う。
それが唯一の希望といえばそうだ。
輝ける未来はここにはない。
じゃ、どこにある。
黄金郷?
パラダイス?
山深い庵かもしれない。

※その時も言うだろう。きっと言うだろう。「今が一番だ」って。
[PR]

by ten2547 | 2005-07-31 09:48

壊れ行く。 失いつつ 何かを補給する。でも、まだ足りない。

宇宙へ旅立った人々は、愛する者と再会できるのだろうか?
明るく手を振る姿が痛々しい。

目の前で父を殺された少年は何時の日か復讐を果たすのだろうか?
いつもいつもあの赤い鮮血と、恐怖の男の形相が彼を苦しめる。

僕のホワイトジーンズの裾上げのためにひざまずいた彼はシアワセだろうか?
結局、最後は値段が決め手だったけど、快く応じてくれて感謝する。

そしてこの純白の衣服はひと夏限りの命なんだろうか?
白い服が汚れているのと同じくらい、他の色物も汚れている。
見えるか見えないかの違いだけで、本質は変わらない。
まるで、自分自身のようじゃないか。
あえて白をまとう時の覚悟と潔さに比べて、黒を手にした時の魂胆が卑しい。
でも、見える人にはちゃんとわかるんだ。
オマエがどんなに腹黒く、邪悪で、いつ裏切るかわからない輩かってことが。

僕はバクハツする。
わ~って叫んで髪の毛をかきむしり、血走った目で噛み付く。
また壊れちゃった。
今度はどうやって修復しようか..
裏切り者!
周囲の視線が痛い。

あらためて気づいた。
僕は嫌われている。
嫌われるとわかっていて、発言する。行動した。メールも送った。文句ある?

今日からは、コーヒー、赤ワイン、カレーなんかは禁止です。
しばらくは辛抱してくださいね。
どうやって過ごしていけばいいんだろう。何を代りにすればいいんだろう。
小さな日常が失われていく。正常心も見失い、きっと地獄を見る。
痛みもない、恐怖もない、静寂と、冷ややかな空気だけがゆっくりと動く、そんな世界。
暑い夏にはぴったりじゃない。

※風の部屋で静かに狂う。
 僕を救うものは、ここにはない。
 僕を助けてくれる人はここには居ない。
 ごめんね。○○○さん..
[PR]

by ten2547 | 2005-07-30 18:13

自転車男

ま、そういうことです。

ぼちぼち行きますか!

※今日は予行演習だ。
  明日はクムギョン大通りを行くぞ!
  どこやねん、そこは。
[PR]

by ten2547 | 2005-07-30 17:57

働けど 働けど わが暮らし楽にならざりけり ぷっと屁をひる

ま、そんなとこです。

がんばっていきまっしょい!!

※今年の夏は我が家ではまだ一度もエアコン使ってない。
  暑いの大好きさ!
[PR]

by ten2547 | 2005-07-30 17:53

決戦前夜

会社に勤めるもの、辞令ひとつで西へ東へ

首を長くして待っていて、ほぼ確実の予想に前祝など始めてしまい、ほろ酔い気分で今か今かと思いつつも、何時までたってもお達しなく、夜が白々と明けてしまうなどいとわろし。

望んでも得られず、望まなくても拒めない。
家族に見放され、ひとり異国へ旅立てば、そこに待つのはプレッシャー..

悲喜こもごも。

むしろうれしや単身赴任

明日はわが身か。

※今夜は眠れない??
[PR]

by ten2547 | 2005-07-28 23:27

サルになる。

僕は、サルになりたい。

今日、出張先で電車に乗っていたら、斜め向かいに座っていた老婦人が近づいてきて僕に尋ねた。「この電車○○駅に停まりますか?」
一瞬殺意を覚えた。なんていうのはウソだけど、それで僕は自爆テロ状態だった。全ての細胞と仕事への熱意、暑さへの順応、久々に着たスーツの感触も何もかもイッサイガッサイ宇宙の果てに飛んで行ってしまった。
だからサルになりたい。

昼食時、一人で外食なんて死ぬほどキライだけど、仕事中なら仕方ない。やっと見つけたお店でカウンターに座ると同時に注文した。それで全ての作業は終了した、はずだった。
だけど僕は死ぬまで食い物にはありつけないという現実に直面する。
僕が待っていたのは「刺身定食」ではなく、空虚な時間だけだった。僕はただそこにバカみたいに座って虚空を見つめていたのだ。まるで自分の意志では何一つできないヒトのように。
平謝りで運んできたけれど、僕の食欲はすでに銀河の果てだった。
注文が通っていないとわかった時点で席を立つべきだった。
砂を噛むような惨めな食事に、僕はサルになってしまいたかった。

台風一過の青空と軽やかな風とカラッとした暑さの中、僕はまんざらでもない気分で朝早く起きて新幹線に乗った。悪くない一日の始まりだった。

あの老婦人はなぜ僕に聞いてきたのだろう?両横にも乗客はいたし、真向かいにもいた。なぜ「斜め前の僕」を選択したのだろう?
あの店員はなぜミスをしたのだろう?恐らく何人もいる客の中で僕だけがその対象になっていたはずだ。なぜ僕だったのだろうか?
くだらない、些細な出来事だ。2秒もあれば記憶の中から抹消できるじゃないか。
でも、僕の身体は激しく反応する。脳は制御不能に陥る。恐ろしい行動に出そうになる。
だから、ダカラ僕は自分に言い聞かせる。
オマエはサルだ。サルだ。サル、サル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ヒトと関わるというのは気が重いことだ。胃が痛いことだ。
ヒトとして完成していない自分を見るのは辛いことだ。

※サルにも劣るヒト、ココにあり・・
[PR]

by ten2547 | 2005-07-27 19:17

地震 台風 テロ AIDS

誰かが言ってた。
テレビ的なコメント、テレビ的な反応、テレビ的な喜怒哀楽、答えは決まっていて、それに合致する素人(=よき市民)、感情、コトバだけを垂れ流し、これで「衝撃の映像」できあがり。
別に、興味アリマセンとか、淡々と語ったりするのは「良くない」。テレビ的には、興奮した状態で、テロはゼッタイに許せません!!とか叫ばないと。取り乱したり、泣いたりするのもいい絵になる。でも現実は、一部の人がテレビカメラの前で恥ずかしげもなく自分を曝け出しているだけで、本当の悲しみや苦しみは(もしそういう状態にいるならば)人に話したりできるものではないだろう。ましてやテレビなんかに..

誰かが言ってた。
誰かってダレ?

もういい加減、このパターンはやめよかなと思いつつ、派手派手しく画面に登場する災害や人災よりも、この国に静かに、でも確かに蔓延しつつあるあの病のことが、時々、ホントに小さな記事で、恐ろしい現実が伝えられているのを見ると、この国に未来はないな、って思う。
アフリカやアジアを救おうとワイワイやっている傍らで、そこに参加できない先進国がある。無知や貧困ではなく、自分の欲望と意志でもって敢えて危険に挑戦する若きチャレンジャー達よ、いつか自分の置かれた状況に気づいた時は、潔く運命に身を任せ、他人を道ずれにしようなんて邪悪な考えは捨てるように。気づくまでの10年でもう十分「お友達」はできただろうから。石綿が先かHIVが先か。被害者と加害者が交差しつつ、未来の姿はまたひとつ灯りを消した中で語られる。そこへまたやってくる。史上最大の天災が、この国を揺らす。

どっちにしても未来は大変だ。

※地球よりも早く、滅びるものがある。
  ニッポンチンボツ..
[PR]

by ten2547 | 2005-07-25 21:16

友達なんだけど(以下省略)

まったく、お酒って奴は、なんて責任を転嫁しつつ、自分の意志じゃん。
何だろう、別にそういうんじゃなくて、そう、特別なものじゃないんだけど、もうちょっと一緒にいたいって感じかな~..ノリっつ~のもあるし、やっぱ、話が合っちゃったからかな。
自分が好きなもの、こころの中で暖めていたものを「あ、それ知ってるよ」なんて言われた時のあの感じ、「は、初めてですよ、これを知ってる人に会ったのは!!」もうそれだけでちょっと瞳輝き、うるうる状態だったりして。思わず握手したよ。(握手ってタイミング難しいんだよね。あれって「間」だと思う。どちらからともなく、でも同時に手が伸びる。好きだな。握手..)
意気投合とか、価値観の合致とか、まあ、何とでも言えるんだけど、あの波長があった時の空気感は、いごこちのいいソファみたいで、疲れない、緊張しない、気がつけばひざまくらみたいなね、そんな安心感があるんだろうと思う。それをコトバで言うのはちと難しい。
飲んで歌えば時間も過ぎる、財布も軽くなり、腹は出っ張る。空は白み、疲労は頂点で、それでも離れがたいのが人情ってもんで、それはそれで良しとしよう。
いまだ反省なし。

※身体が悲鳴をアゲテイルケド。それも良しとスル?
  
[PR]

by ten2547 | 2005-07-24 23:13

人間・失格

今日は、1年に一度、自分が生きる価値のない人間であることを確認する日。

幼子の瞳は僕のこころを射抜く。

僕は大勢の人の中で、音のしない世界にひとり取り残される。

自分で選んだ道。

それがどういう結末になるか、光をあてられ、透けて見えた。

すぐ近くの未来が。

笑っちゃうよね。

※十分だ。もう生きていても同じだ。
[PR]

by ten2547 | 2005-07-23 00:03

屋根よ~りた~か~い..

GDP世界第1位は、アメリカ合衆国
で、第2位は、わが日本
これは誰でも知っている。(その内、かの国に抜かれるという予想もあるが..)

アメリカの映画産業は今や落日。ネタが枯れ、あまりのワンパターンの展開とメンドクサイ数々の契約と組合の規定の中で、粗悪な商品を乱発するようになった結果か?
シリーズものとリメイクものが氾濫し、いつも期待を裏切られる派手な宣伝の果てに、そしてプロ-ドバンドの普及の前に、大挙してわが国や韓国に押しかける始末である。
それでもあの国にかなうものはいないけど。

日本ってすごいなって改めて思った。

今日の新聞記事
ちょっとムリがあると前置きしながら、国(GDP)と世界企業の規模を順に並べてみた。
世界最大の小売業ウォルマートはオーストリアに次ぐ規模で中堅国家並み、わが国最大の企業、トヨタ自動車はタイよりも上だった。

会社もすごいなって思う。

※第3位はドイツですね。
[PR]

by ten2547 | 2005-07-21 22:00