カテゴリ:旅行( 198 )

幸運の石

奇跡は三度訪れる。
ラッキーストーンのご利益で僕らは再会した。嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ちで。
全く予期していなかったこともあり、無防備な笑顔を晒す。でもやっぱり「過去」には優しくできない。
そう言いつつ、僕の中に現れる変化と逃れられない性と運命に導かれ、心は闇の奥へと吸い込まれて、次第に僕の嘘は現実色に染まって行った。
会いたかったよ。
僕も。
嬉しいけど悲しい、それが僕らの...。
もう、どうでもいいや。


※あ~だから今夜だけは~♪
[PR]

by ten2547 | 2009-05-03 19:10 | 旅行

ลาก่อนจากกัน

世界中の不幸を背に...


※これで本当に最後になるかもしれない。
[PR]

by ten2547 | 2009-05-02 00:51 | 旅行

路上より

おいらはノラ。
野良犬のノラ。名前はない。
いつから野良ってるかって?さあ、多分生まれた時からだと思うな。パパやママのことは覚えてない。
何だか知らないけど一年中暑いこの国で生きることになったんだ。寒さに震えたりすることはないし、食べるものは何とか手に入るからね、まだいい方なのかも知れない。野良にいいも悪いもないんだろうけど。
周りには同じ野良仲間がいていくつかの縄張りに分かれてる。よそ者が来た時はみんなして吠えまくるんだ。特にムカつくのがきれいな身なりをして首に輪っかをしている奴らだ。ちょっと前までは見たこともなかった奴らが最近増えてきたんだ。必ずご主人様に連れられてて、自由はないけどいい暮らしができるらしい。ボスの話によると人間のペットなんだと!それって飼い犬ってことだろ!
おいらは腐っても犬だ。自由を捨ててまで人間に飼われるなんてまっぴら御免だ。だけどどうして同じ犬なのにこんなに格差があるんだろう?ちょっと嫌なことや辛いことがあると、何不自由なく過ごしてる奴らが羨ましく思えるんだ。奴らと話したことはないけど、あっちはあっちで不満があるのかも知れない。どっちにしても自分で選んだ道じゃない。ボスの話だと時々奇跡的に野良からペットに転進することがあるそうなんだけど、人間っていうのは気まぐれでわがままだからね、その逆もあるんだ。それは悲惨の極みだね。
最近気付いたんだけど、人間にも野良がいるんだな。この国は暖かいから高速道路の下でだって眠ることはできる。雨露さえ凌げればいいってことだよね。おいらの縄張りに汚らしい爺さんが寝泊りしてるんだ。この爺さん、家はないみたいだけどバイクは持ってるし、一応仕事もしてるみたい。リアカーにぬいぐるみをいっぱい縛り付けて夜の繁華街へ売りにいくんだ。でもさ、誰が買うんだろう、あんなものって思ってたんだけど1個か2個は売れるみたいで、毎日大事そうにビニール袋に詰め込んでいるよ。昼間はずっと寝ていて商売に出かけるのは夜だけ。
そんな生き方もあるんだな。
自分で選んだわけじゃないかもしれないけど、そうやって生きていくしかないんだな。
おいらも、きっとこのまま、ずっと野良として生きていく。
これを運命と言うのだろうか。
これを受け入れることで現世を生き抜き、来世で転生する。
悪いことさえしなければきっと今度は人間にでも生まれ変われるかな...でもやっぱり野良だったりして。
あ、腹減った。いつもの餌場にでも行ってみるか。あそこのガイヤーンの骨っこは最高なんだ。運がよければ時々肉にもありつける。
おいらのささやかなシアワセだ。

今日も平和だった。


※いつかあの海の向こうに行ってみたい。
[PR]

by ten2547 | 2009-01-08 23:31 | 旅行

勝敗の行方

勝ったのはどっちだ?
負けたのは誰だ?

その情熱はあらぬ方へと向かった。
受け止めきれずに僕はただ戸惑うばかり。
嬉しいような困ったような、力強く僕を揺さぶる若さが全てを狂わせる。

好き、だから?
だからそれでいいわけ?
僕はなりふり構わず独り占めに走った。
僕の意志じゃない。
キミが、勝利の女神を引き寄せたんだ。

じゃ、勝ったのは僕?
負けたのが僕??
キミは余裕の笑顔で、さらさらと存在した。
クサいセリフをストレートに放った。
その名の通り、その名に違わず、見方によってはステキだったよ。

情熱、だね。
必要なのは、そして足りないのも。

それ以上は進めなかった。
負けるのがわかってたから。

でもしっかりとその名を心に刻んだ。


※そしてその温もりも...
[PR]

by ten2547 | 2009-01-07 22:41 | 旅行

愛す。

キミを愛す。

キミの名はアイス。

氷のような心で、

炎のような愛情で、

熱く冷たく、僕を包み込んだ。

絶対に忘れないでね。

ああ、忘れないよ。

絶対に...


※ICE LOVEs TEA
[PR]

by ten2547 | 2009-01-07 00:42 | 旅行

舞神降臨

神を見た。

キラメク光の中、
心を揺さぶる響きに乗せて、
裸身の男たちが汗を飛び散らせ、
舞い、踊り、奇声をあげる。
死んでもいいくらい興奮した。
この世のものとも思えない究極の快楽が揺れていた。
僕も酔いしれていた。
酒と
男と
そして音楽に。

神が、舞い降りたのだ。


※美しき男たちの饗宴、そして競演
[PR]

by ten2547 | 2009-01-06 23:42 | 旅行

異国に散る。

新年を祝う花火が原因で火災となったサンティカで被災し、重症となった日本人が亡くなった。

(渋谷駅前のような例もあるにはあるが)除夜の鐘とともに心静かに年明けを迎える日本と違い、花火と爆竹で派手にカウントダウンを行うのも賑やかでいいと思うけど、突然通りで爆音とともに打ち上げ花火を上げたり、巨大な束の爆竹に火をつけて放り投げてきたりと、かなり危険なバカ騒ぎもあるので、なるべく室内にいるようにしている。
その室内も決して安全ではなかったということか...

コンサートの会場などは通常避難路を確保するため一定の空間を保つ程度の人しか入れないはずだけど、ナイトクラブやディスコではそんな規制があるのかないのか、すし詰め状態になるまで入れるもんだからとても踊れるような状態ではない。
当時のサンティカにどれだけの人が入っていたのかはわからないが、火事だ!の叫び声にみんなが一斉に向かったのは自分が入ってきた「入り口」だった。他に出口は3ヵ所ほどあったようだが、従業員しか知らなかった。非常口も開かなかったという情報もある。

もしもここで火事にあったら死ぬだろうな。
そう思える場所は多い。トイレに行くのだって人を掻き分けて進まないといけないし、どこが出口かさえ慣れていなければ暗くて即座にはわからない。しかも、あまり人に言えるような健全な場所でないとしたら...

被害者のご冥福をお祈りします。
無事に帰国できたことを感謝して。


※火事、交通事故、スリ、詐欺、甘い誘いにイケナイクスリ...気をつけないといけないものはいっぱいある。
[PR]

by ten2547 | 2009-01-05 23:19 | 旅行

クスリ飲みつつ夜遊びに耽るの巻

>ははは、「耽る」なんて漢字絶対書けないわ。(合ってるのか?)

自分が何をしている時が一番楽しいかわかった。

美味しいものを食べるのもいい。
お酒を飲むのももちろん嫌いじゃない。
エッチなことも否定はするまい。
仕事だって…無理があるけどまんざらでもない?

だけど、踊っている時がなによりシアワセだ。(恥)

僕がもっと若くて、身体が丈夫で、夢も希望もあるならば、

ダンサーになりたい。(笑笑笑笑笑笑…)

そうだよね。笑うよね。

でも2日続けていったさ、デスコテックさ。
めんこい男子がわんさかいてよ、それはそれはエキサイテングしたっぺ。
そのせいで今日は歩くのもやっとだけどな。

誰か奇特な方がいましたらお付き合い下さい。(請)


※まんず踊ってる姿見られるんは死ぬほど恥ずかしいけどよ+
[PR]

by ten2547 | 2009-01-02 20:09 | 旅行

因果応報の理

思いっ切り人を傷つけた報いか今日は災難が続く。
結果的には何も問題はないとはいえ、気分は凹みまくっている。

ホテルにチェックインする時バウチャ-を見せろというのでそれはホテルで預かってくれてるはずだと言う僕に、そんなことは知らない。対応した者の名前は覚えてるか?バウチャ-がないと手続きできないのでもう一度プリントアウトしてこいと冷たい態度。
あ~でも予約もして支払いも済んでますよね?
はい。でもバウチャ-がないと..
同じホテルに続けて泊まるから2回分を両面コピーしてしまった僕が悪いのだけど、チェックアウトの時に裏面に次回のがあるので返してくれるように頼んだら、ニコニコしながらホテルで預かっておくので大丈夫って言うので多少不安だったけどそうした、つもりだった。けど彼女がそう言ったかどうか正確にはわからない。状況からしてそうに違いないと勝手に思い込んだ僕が馬鹿だった。
途方に暮れながらどうすればいいか必死に考えてみた。責任者に掛け合うか?泣き落としでいくか?はたまた新たに部屋をとるか..
すると別の係がデポジットを払えと言ってきた。クレジットカ-ドを差し出すと部屋のカギをくれた。旅行代理店からバウチャ-を取り寄せたとのこと。
じゃそう説明しろよ!とか思ったが口から出たのは「ありがとう」だった。
今回は特別だ。次回からは必ずバウチャ-を持参せよ。また同じことを言う。
だからぁ、持って来たんだってば!と反論を試みるが形勢不利にて有り難くカギをいただく。あぁ、情けない。年末はめちゃめちゃ笑顔が素敵な男性従業員が対応してくれて、女性従業員からは前回泊まったことを覚えているとのうれしい言葉に上機嫌だったのに。しかも部屋がグレードアップのオマケも付いて言うことなしだったのが一転、お情けで泊めて頂くことに。部屋のグレードアップも恩着せがましい感じで惨めさ倍増..
気を取り直してフットマッサージに行ったら途中で右目のコンタクトレンズを落としてしまい、せっかくかわいい男子が僕の足をモミモミしてくれてるのにもうそれどころじゃない。
終わって店の人も探してくれて床に落ちているのを見つけてくれた。ホッ!
感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。


※教訓:バウチャ-はチェックイン毎に別々に。
    マッサージ中はやらしいこと?を考えない。
[PR]

by ten2547 | 2009-01-02 18:34 | 旅行

何様のつもり!?

僕が死のうとどうなろうと関係ないってことね。
よ~くわかりました。


※僕は一度も束縛したことなんてないのにどうしてこんな目に遭うワケ??
[PR]

by ten2547 | 2009-01-02 06:24 | 旅行