カテゴリ:日常( 66 )

ついでに...これは??

リン酸水素カルシウム
ソルビット液
アルキルグルコシド
PG
ヒドロキシエチルセルロース
結晶セルロース
カルメロースナトリウム
香料
サッカリンナトリウム
モノフルオロリン酸ナトリウム
塩化セチルピリジニウム
酢酸トコフェロール
酸化チタン
パラベン
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液


※何だかオソロシイ...
[PR]

by ten2547 | 2008-07-29 23:40 | 日常

笑暑

笑っちゃうくらい暑い。

でも僕の部屋のエアコンは今夏まだ稼動していない。
雨が降らない限り、なくても平気かな、なんて言うのはウソ。
かと言って別に環境に配慮しているわけでも、電気代を節約しているのでもない。

ただ、暑さを感じていたいだけ。
ただ、暑いだけじゃない。
微妙な風の変化や気温、湿度の差を肌で感じていたい。

エアコンを点けた瞬間、快適な分、何も感じなくなってしまう。
僕のこころが痛みを感じなくなるように、僕の身体が乾燥した冷気の中で、どうしていいか判断できなくなってしまうのが、コワイ。

熱く辛いものを汗かきながら食す。
風呂上りの気化熱でひんやりするのが気持ちいい。
時々カーテンを揺らす風の愛撫に身悶えし、凪の夜は寝苦しさに目を覚ます。

明日はフィルター掃除して試運転してみよう。
もうこれ以上ガマンできなくなったら、ちょっとだけ使ってみよう。

笑っちゃうくらい暑いかな、明日も。


※学生時代の4年間はエアコン無しで過ごしてたよな....
[PR]

by ten2547 | 2008-07-26 00:07 | 日常

蜘蛛の糸

数日前から、巨大な蜘蛛が僕の車に棲みついている。
特に害はないと思うのだが、あまりの大きさに気が散って運転に集中できない。
結構ちょろちょろと車内を動き回る。
なぜかフロントパネルあたりがお気に入りのようで、視界に入るのが困る。
窓を開けてあげても出て行こうとしない。
どこからきたのかわからないし、何という種類かもわからない。

とにかく、でかい。

さすがに殺生もできないで、そのままにしてあるが、そのうち巨大な蜘蛛の巣でも張るのだろうか。

幸運のしるしか、地獄の使いか...


※その糸を辿れば極楽へ通じるかな?
[PR]

by ten2547 | 2008-07-02 23:42 | 日常

梅雨の晴れ間

シャツの背中膨らませ 学生達の自転車追い抜く


※白シャツが清々しい。
[PR]

by ten2547 | 2008-06-24 22:35 | 日常

腕まくりして

初夏の陽気の昼休み。
若いリ-マンが二人、アイスクリームを食べていた。
「アイス食おうぜ!とか言って一緒に買ったんだろうな。
なんか、かわいいなって思う。


※もうそんな季節
[PR]

by ten2547 | 2008-04-22 14:29 | 日常

It's my treat today!

なんてなかなか言えない自分ではあるが、思い切って言ってみた。
金曜の夜なんて、みんな都合が悪くて来ないだろうな、そう思っていたら....
あれ?意外とヒマなんだな。
それとも予定キャンセルして来てくれたのかな?

10人で焼肉。068.gif
僕のオゴリで。065.gif

疑心暗鬼だった彼らも、やっと「その気」になってきたみたいで、遠慮のかけらも見せず次々と注文していく。005.gif
僕は、自分の子供たちがモリモリ食べるのを目を細めて見ている親の気分で、そんな風景を眺めていた。001.gif
彼らがシアワセなら僕もシアワセ...003.gif

食べて飲んで笑って過ごした。
明日はみんな「お口クサ~イ」とか言われるんだろうな。038.gif


※僕は焼肉より冷麺に感激。
[PR]

by ten2547 | 2008-04-19 09:56 | 日常

出会いと別れの季節

3月といえば、卒業、転勤など学生も社会人も一つの区切りを迎える、というわけで、週末はどこも予約が取れないほど、あっちこっちで宴会が繰り広げられる。

いつもは静かに過ごしているこの僕でさえ、いくつもの「飲み会」をこなさなければならず、確実にメタボへの道を歩みつつある。

お世話になった方が退職する。
みんなで精一杯のことをして見送ってあげたい。
そういう気持ちの人が集まっていろんなアイデアを出し合い、一大イベントを企画する。
あれもしたい、こうもしたい、そんな話をしている時は楽しいものだ。
惜しまれて去っていくその人をステキだと思う。
周囲に多大な影響を与えたその人をカッコいいと思う。
誰に対しても毅然として自分の意見を言える。主張できる。
上司だろうと役員だろうと関係ない。自分が正しいと思ったことは堂々と発言する。
誰にでもできることじゃないし、そのために疎まれ冷遇されることもある。
でも部下からは絶大な信頼を得ている。
そんな気概のある人がどんどんいなくなっていく。
それは寂しいことでもあり、ひとつの時代が終わったことを意味するものでもある。

僕らの時代がやってくる。
世代交代が行われる。
次は僕らが発言するのだ。


※それは同時に苦難の道でもある。
[PR]

by ten2547 | 2008-03-15 10:47 | 日常

ナイスカフェ

オシャレなカフェに笑顔がステキなウェイタ-君。
お酒が美味しかったよ。


※また来るね。
[PR]

by ten2547 | 2008-03-13 00:22 | 日常

歩行者天国の真ん中を歩く

昼間は暖かいけど、夜はまだまだ寒い日は着るものに苦慮する。
インナーは薄着にしてジャケットを厚めにするか、
薄手のセーターか何かを着込んで、上着は春物にするか、
迷った挙句、前者にした。
でももうダウンはないかな~、というわけで洋服売り場をうろついた。

赤いジャケットを買うことに決めた。
春だというのに男性の服は女性に比べて色彩に乏しく、流行なのかオレンジ色はあるけど赤はない。もうあきらめようかなと思った時、ステキな(一見、革風の)ジャケットが目に飛び込んできた。もう少し落ち着いたデザインだとありがたいけど、そこは仕方ない。以前愛用していたブランドだけど、ここ数年は自分の好みに合わなくなってきて買うことはなかった。
試着してみる。
サイズはぴったりだ。
ここのは僕の身体に見事にフィットする。
若い店員♂は多分ココロの中では(おっさんには似合わねえよ!)などと思っているであろうけれど、上から下までベタ褒めだ。赤だけど派手でもなく、これなら僕でも大丈夫かなと思い、即決で購入した。
デカデカとロゴの入った紙袋がちょっと照れくさい。012.gif

あ~春だな。056.gif


※真ん中をね。
[PR]

by ten2547 | 2008-03-09 21:39 | 日常

カンちゃんと一緒

ひとりぼっちは寂しいよね...

予報に反してまずまずのお天気になった休日は、マッキーの新譜が響く。
ここのところずっと余裕なく過ごしてきたけど、少しだけ片付いた仕事の狭間で、いつもと違う心の洗濯をさせてもらった。
少し早めに用事をすませたり、手土産買いに出かけるのも楽しいもんだ。
一緒にご飯を食べたり、マイクを握ったり、かわいい「わが子」と遊んだりして、ちょっと愛情に飢えている自分を確認したりする。

ひとりぼっちにさせてゴメンね...

小首をかしげて僕らを見送ってくれた後、「彼」はどんな思いで過ごしているのだろう。

でもキミはひとりじゃないよ。
一緒に遊んでくれてありがとう。


※友に感謝して。
[PR]

by ten2547 | 2007-11-11 20:32 | 日常