狂った水

そんな意味だなんて知らなかった。

白身の魚とアサリ、タコ、エビ、ホタテ、トマトなどをオリーブオイルで炒め、
ニンニクと塩でシンプルに味付け、水と白ワインでサッと煮込んだ料理、

アクアパッツァ

美味しいけど、何かもの足りない。

2日目は、唐辛子とナンプラー、酢やオイスターソースを加えて、
エスニック風魚介の煮込みに変身した。

旨い!


※いい出汁でてマス
[PR]

by ten2547 | 2010-03-08 22:26 | 厨房

シュフの悩み

今晩のオカズ、何にしようかしら...
毎日スーパーマーケットで思案する主婦の気持ちになってみる。

今までは自分の好きなものを、
それこそ毎日だって同じものでも構わず食べていたわけだけど、
毎日とまではいかないまでも、
毎週末、誰かのためにご飯を作るというのは大変な作業であることに愕然とする。

ああ、今夜は何にしようかな~。
昨日は焼肉だったから、やっぱり魚介がいいかな~。
月曜日は仕事だからあまりにんにくは使わない方がいいだろうな~。
あ、これじゃ先週と同じだ。
うう。どうしよう...


※何でも美味しいと言ってもらえる喜びに浸りつつ...
[PR]

by ten2547 | 2009-12-13 14:59 | 厨房

炒めカレー

土曜日の番組で料理家のこうちゃんが紹介していたのを作ってみた。
野菜炒めにカレールウを混ぜるだけ。
簡単なんだけど、今までカレー粉は使ってもルウを使うってなかったのでとても新鮮。
ポイントは豚肉に片栗粉をまぶしておくことと、ルウはお湯で溶いてオイスターソースを入れる、
これだけ。
片栗粉がトロっとなって、カレールウが野菜や肉によく絡んでなかなか旨い。
ご飯にかけてもいいし、そのままおかずにしてもいい。
うどんなんかと炒めてもいけるし、スープにもできる。
ちょっと片栗粉が多かったのかテレビで見たのより重くなったしまったけど、余ったルウも消費できたし良しとしよう。

前に買った片栗粉がまだ使えるかなと消費期限を見てみると、99年4月とあった。
99年って1999年のこと、やろうなぁ。10年前のやん。これはいくらなんでも無理じゃろうと新しいのを買ってきた。
でもこの300グラムの片栗粉を全て使い切るのは一体いつになることやら...


※もっと少量で売ってくれい。
[PR]

by ten2547 | 2009-03-01 23:37 | 厨房

秋刀魚日和

重苦しいのは飲みすぎた胃だけじゃなく、この肩にのしかかる重圧のせいか。
大したものじゃないけれど、もう僕にはどうすればいいのかわからない。

そんな日は正しく食すことにしよう。

炊き込みご飯に、秋刀魚、きんぴらに野菜の水炊き。

米は発芽玄米なので、いつもは30分くらい水に浸してから炊くのだけれど、今日はいつもより水を多くすることでその時間を短縮した。
市販の炊き込みご飯の素だけではさびしいので、キノコ類やニンジン、コンニャク、ゴボウ、トリ肉や油揚げなどをどっさりと入れる。いつもは割りと薄味に仕上がるのだけど、今日はちょっと醤油も足してみる。

秋刀魚は大根おろしとポン酢でいただく。大根おろしにはしらすも加えた。

きんぴらは余ったコンニャクとゴボウ、ニンジンを利用して作る。

野菜の水炊きは汁物の代用だ。
ホントは昆布でだしをとるところだけど面倒なので粉末のだしの素を使った。

これで明日もがんばれるかな。


※ごはん、美味しく炊けました。
[PR]

by ten2547 | 2008-09-21 22:01 | 厨房

出血多量にて

ったく。何年包丁持っているんだろう。
ピーマンと一緒に左手の小指の先も削り取ってしまった。

見た事もないほどの血が出た。002.gif

今夜のメニューはどうしても食べたくてしょうがなかったスパゲッティ・ナポリタン。
ツナと水菜のサラダ、キノコと春雨のガーリック醤油バター炒め、ついでにキノコと水菜のスープもね。


※痛いじゃないか!
[PR]

by ten2547 | 2008-03-23 22:29 | 厨房

烏賊三昧

イカをいただいた。
冷凍状態で3杯。
くっついた状態なので一度に調理するしかない。
というわけで、今夜はこのイカをどげんかせんといかんばい。

半日かけて自然解凍したイカは夕方には丁度いい具合になっていた。
一人だし、一度にこんなには食べられないな~と思いながらも僕の好物なので何とかなるだろうと買出しに出かけた。

1杯は軽く茹でて蒸しタコとワカメでサラダにした。
酢にオリーブオイルと胡椒、砂糖、少量の醤油を加えたドレッシングに、イカ、タコ、ワカメを入れて和えるだけだ。ちょっとアクセントにレモンを絞り、干し海老も入れ、カイワレ大根を乗せて出来上がり。ワサビを入れると更に美味しくなった。と思う。

あとの2杯はオリーブオイルでさっと炒めて、胡椒、白ワインを加え、醤油を少々。おろしニンニクとフライドガーリックを入れて出来上がり。

今夜は他に、豆苗とキノコのオイスターソース炒め、ゴボウとニンジン、コンニャクのきんぴらと豚汁を作った。


※写真はないけどね。
[PR]

by ten2547 | 2008-03-02 21:07 | 厨房

毛ガニ日和

北海道から送ってきたので、とカニをいただいた。
微妙....

一人暮らしだと、生ものをいただくのは嬉しいような困ったような出来事で、このカニは冷凍だからしばらくは置いておけるものの、平日は帰りも遅いのでなかなか食べることができない。

だから今日はせっかくのご好意だし、がんばってカニスキにでもしようと包みをあけて固まった。
そこには二匹(二杯?)の毛ガニが横たわっていたのだ。
こ、これどうやって食べればいいの?
太い足があるわけでもないし、丸ごと茹でるのもどうかと思うし、しばし考えて、取り敢えず蒸すことにした。
カニスキは鶏の水炊きに変更し、昼間友達と食べたタイ料理に刺激されて、パクチーを買ってきて特製ナムチムも作り、残りはムーパットナムマンホイに利用した。
蒸したカニの半分はそのまま何もつけずに食べ、残りは身をほぐしてナムチムをかけていただく。棘が痛い上に、足の部分はたいして身もないけれど、味は最高だったし、なかなか豪華な夕食になったな~などと自己満足の世界に浸る。

いただいておいて文句を言うなんてとんでもないと思うけれど、できればタラバかズワイにしてほしかったな~(罰当たりめ)


※そんなに好きでもないしね、カニ...
[PR]

by ten2547 | 2007-10-21 22:55 | 厨房

อบวุ้นเส้นทะเล

連休は連日の朝帰りで何がなんだかわからないうちに過ぎ去っていったので、せめて最後の日くらいはまともなこともしなければと、夕方5時からキッチンにこもる。
今日は、この前冷凍保存しておいたパクチーの根を使って僕の大好きなタイ料理を作る。

クンオップウンセンはタイ料理というよりは中華の要素が強く、料理そのものにはナムプラーを使用しない。その代わり材料と調味料が全て揃わないとあの独特の風味も出ない。
さて、今夜はどうだろう?

蓋付き鍋に海老と生姜、セロリ、ニンニク、タマネギ、豚バラ、パクチーの根などを並べ、その上に茹でて水気を切った春雨を乗せる。そこにスープをかけてバターを乗せて、あとは蓋をして数分蒸し焼きにするだけ。もしあればすりおろす前の胡椒を丸ごと数個入れてもいい。
スープは鶏がらをベースに、醤油、砂糖、オイスターソース、ごま油、ウィスキー、クローブ、胡椒を混ぜておいたものを使用する。クローブは欠かせない香辛料だ。バターも無いと絶対ダメ。
作り方はさほど難しくないのに今まで一度も成功したことが無いのはやっぱりパクチーがなかったからだろうか。

さて、大して時間もかからずして出来上がる。色合いが寂しいので刺身に使うたまり醤油を少々振りかけてみる。うん、見た目もなかなかいい感じに仕上がった。火を止めてしばらく蓋をして春雨にしっかりスープをしみこませておく。

料理自体は辛くない。胡椒の爽やかな辛さが特徴で四川料理のような味わいだ。
これをあっと言う間にタイテイストに変身させるのがナムチムである。

ナムプラーに酢、唐辛子、みじん切りにしたパクチーとニンニク、セロリの葉などを混ぜたつけダレをかければ、甘く辛く酸っぱい刺激的な味に変わる。

思ったとおり、今日の出来は最高だった。
恐るべしパクチー。どうして嫌いな人が多いのか僕にはわからない。

パクチーのないタイ料理なんて....


※それにしても今日も暑かった。夏の好きな僕としては嬉しい限りだけど。
[PR]

by ten2547 | 2007-09-17 19:23 | 厨房

やっぱり主役はパクチーだった。

今日、野菜売り場の前で再びフリーズした。
また売っている。きっと売れ残りだろう。
ちょっと迷ったけど、買ってみることにした。
今日こそ鰻にしようと思ってたけど、また変更かな....

ヤムウンセンとスープを作る。いつも通りに。
そこにみじん切りにしたパクチーを入れてみる。
これだ。
やっぱりこれだったんだ。
何か足りないと思っていた、香り、風味、食感、色彩....
主役の欠けたタイ料理に首をかしげていた日々に別れを言う時がやってきた。
このままずっと扱ってくれればいいけどな~...あまり業績が芳しくないスーパーだからどうなるかは?だけれど。

今夜はゴーヤも買った。
シンプルにゴーヤチャンプルーだ。
世界で奪い合いになっているタコも買った。
シンプルにタコ酢だ。

パクチーっていいじゃないか。
根っこはクンオップウンセンを作るときのために冷凍保存にしておこう。


※案の定、鰻、買い忘れちゃった。
[PR]

by ten2547 | 2007-09-02 20:46 | 厨房

パクチーは貴重な脇役

今日野菜売り場の前で固まった。
パクチーが売っている。
「群馬県産コリアンダー」と書いてある。
ど、どうしよう。買ってみようかな。でもこんなにたくさんは要らないな。
先週だったらちょうどヤムウンセン作ったのに。
迷ったあげくあきらめた。

家でタイ料理を作ると何かが足りない。
何だろうと思っているとやっぱりパクチーなんだということに気付く。
臭いがきついと敬遠する人も多い野菜だけれど、この風味がないと「何かが足りない」ことになる。ラープにミントが欠かせないのと同様、パクチーがないと始まらない料理も多い(でもすぐには何か思いつかないけど..)そうだ、つけダレであるナムチムにも使ってるな。

というわけで、今夜はモロヘイヤ、小松菜、オクラ、エリンギ他きのこ類、アスパラ、大葉などの野菜を買い込む。

モロヘイヤとオクラはさっと茹でて、粘り気が出るまで包丁でたたく。
これをスープや冷奴の具などに使う。

エリンギとアスパラはホタテ貝と一緒にオリーブオイルで炒め、白ワインをふりかけて蓋をしてしばらく蒸し焼きにする。火を止めてマヨネーズと醤油を少したらして味付けすればできあがり。ワサビをつけていただく。パルメザンチーズがあるとなお美味しい。

小松菜はきのこ類と人参などとサッと炒めてだし醤油、酒、味醂を入れて煮浸しにする。
厚揚げ豆腐があるとボリュームがでる。
最後にごま油を少々。

材料の一部を使ってスープも作る。ワカメやトマトなんかも入れちゃえ。
スライスオニオンとワカメ、干し海老を使ってあっさりサラダも用意した。味付けはポン酢で。


※うなぎの蒲焼買おうと思ってたのに忘れちゃった...
[PR]

by ten2547 | 2007-08-26 21:54 | 厨房