株価無残

もう、言葉もない。
悲惨だ。

日常生活には大きな変化はない。
何かをガマンする必要も今のところない。

全てが平常通りだ。

でも確実に「その波」は押し寄せてきている。
テレビや新聞が大騒ぎしなくても、間もなくやって来る「その日」を思うと、
気が重い。

10年前の悪夢が蘇る。
今度の方がもっと深刻かもしれない。

今度は自分が肩を叩かれる番だ。

何かを守るために。
誰かを生かすために。

犠牲になる。
生贄が必要だ。


※1,000円を下回り、スピードを上げて下落していく。どこまでも。
[PR]

by ten2547 | 2008-10-23 22:08 | 戯言