恐慌前夜

真っ直ぐに奈落の底へ落ちて行ったのであった....

もう、笑っちゃうね。
1,000円切っちゃったじゃない。
誰かがめちゃくちゃな勢いで売りに走ってるに違いない。
塩漬けのまま、10年か、20年か、死んでるかもしれないけど、待つしかない。のか。

慌てる必要はありませんよ、と評論家はのたまう。
慌てるも何も、僕等にはどうしようもないし。
大した金額じゃないし、慌てることはないんだけど...

問題はそんなことじゃない。
その損失の穴埋めに一体何があてがわれるのか、ということだ。
ぐるぐる回って結局僕らの金が使われて、僕らの蓄えは枯渇する。
莫大な借金を未来へ送って、子供たちには未来はない。

さて、本音を言えば、今が買い時かも。
あの「優良銘柄」にも手が届く、なんてことを言うオマエ!
その通りだよ。
もうやってるよ、きっとね。
どんな状況でも考えるのはそのことばかり。

いっそのこと全部灰になってしまえばいい。
世界が破滅してしまえばいい。

そして最後に笑うのは、GNH世界一の国だ。


※ブータンに行こう!
[PR]

by ten2547 | 2008-10-10 22:52 | 戯言