ニッポンジンだから?

海風が気持ちいいシーサイドレストランで夕食をいただく。
食べている途中で雨が降ってきたらその先の食事は諦めざるを得ないというスリリングさもあってか、オープンエアの席、しかも海側の席が人気だ。(意味不明)

席について飲み物を注文する。ま、とりあえずビールね。その後もビールしかないけど...
シーサイドレストランですからシーフードを頂くのが筋というもんでしょうが、そんなのカンケ~ネェと適当に好きなものを頼んでしまう。バーンと豪華にでかい海老でも焼いてもらうか、などとはこれっぽっちも思わないのであります。

しばらくするとウェイターが「ソイソース」と小皿を持ってきた。
日本が誇る世界的調味料、醤油であります。ブランドはもちろん、キッ○ーマン。
あれ?日本食なんて頼んだっけ?
連れに聞いてみても頼んでないという。そうだよね。頼むはずないよね。

もしかして僕がニホンジンだから?
きっとニホンジンの客で醤油をくれという人が多いから前もって用意してくれたのだろうか?
などと考えていると、隣の席に若いニホンジン男性4人組がやってきた。
かれらは注文した海老やらホタテやらが来るとスゴイ勢いで食べ始め、その一人がウェイターに言った。「すいません、醤油あります?」

やはりそうか、僕の推測は間違っていなかったのだ。
ニホンジン=ソイソース

僕のテーブルに置かれたキッ○ーマンはしかし一滴も使用されなかったけど...


※タイ料理にはそれに相応しい調味料やナムチムがあるんだし...
[PR]

by ten2547 | 2008-08-18 23:43 | 旅行