僕が上機嫌なわけ

腰は痛いし、喉もいがらっぽいし、不快指数も相当なもんだし、眠いわ、疲れるわ、なんだかんだで別に調子がいいわけじゃないけど、

僕は上機嫌だ。

そういうのは傍から見ててもわかるらしい、というより僕がわかり易すぎるだけなんだろうけど...

何かあったんですか?
何かあったに違いないという前提で聞いてくる。

いや~別に~、何もないよ。
これは本当だ。
特に何かがあったわけじゃない。

強いて言えば(強いなくてもそれしかないが)
「破壊の時」が近いからだろう。
ある意味人工的ではあるが、望んでいた「どっかん」が間もなくやってくる。
そのヒミツの作業を隠れてコソコソやっているのが楽しくてしょうがない。

ごめんね、みんな。
僕は裏切り者だよ。
きっとみんなの冷たい視線を浴びて、陰口叩かれて、いっそう孤独になるんだろうな。

でもそんなことどうでもいい。
僕は僕に訪れる大変革が待ち遠しい。ワクワクする。

だから明日も上機嫌。
明後日だって上機嫌。

そして8月、僕はシアワセの絶頂で最後を迎える。


※生まれ変わるのだ!
[PR]

by ten2547 | 2008-07-09 22:30 | 戯言