こんなところで全面禁煙に出会えるとは思わなかった。

例えばカフェなんかは店内は禁煙、外のテラス席は喫煙可、なんていうのは以前からあった。
でも今度は違った。
公共施設だけでなく、某国の居酒屋チェーン店が失敗に終わった、飲み屋、バーにおいても店内全面禁煙の嵐が吹き荒れ、疑心暗鬼の僕はそれが本当に守られているのかしばし観察した。
確かに、次々と客が外に出てきてはプカプカやっている。
ということは本当に店内は禁煙なんだ。

やったね。
うれしい。

もともと信心深い仏教のお国柄ゆえ、酒とかタバコなどの嗜好品は好まない傾向があり、意外な感じがするけど、不良っぽい兄ちゃんが酒は少々でもタバコはやりません、なんて場面に遭遇することも多い。
ゲイの掲示板でも、酒、タバコはNOか時々、なんていうのが多いのは単にキレイぶっているのではなく、本当なんだろうな、とも思う。
だから日本ではまだ実現していない分野でも、完全禁煙、あり得るかも....
と思ったのも束の間、ホステス?が席につく、現地で言う「カフェー」では、店内に全面禁煙の張り紙があるにもかかわらず、タバコを吸い出した店員(女)に、あ~あ、やっぱりそんなもんかよ、とがっくりもした。
でもディスコでもフロアは禁煙だったし、これはかなり本気なのかな。
でもタバコ吸うフリして外に出てそのままトンズラする輩が増えたりしたらたちまち廃止になるかもな~。なんせ、ホテル代払わずに逃げる奴がいるからって非常口に鎖かけてたホテルで火事になって大惨事になったこともあるのも記憶に新しいもんだから....

ここも日々進化していくんだな。
人々の意識も変わっていくんだな。

とにかく街を行く人々の美しいこと!
男はかっこいいし、女はかわいい。
贔屓目かもしれないけど、ここで一番楽しいのは人間観察に他ならない。
洗練された都会人はどこでもそうなのかもしれないけど、旅行者である自分が一番みすぼらしいなんてことにならないように、暑いけどしっかりオシャレして(む、無理があんけど..)出かけたさ。もちろん誰も見てなんかいないけど、一人だから客観的に確認することもできないけど、最近は着いたら真っ先に服を買いに行くようになった。

日本じゃ行きつけの店なんてないけど、ここでは必ず立ち寄るショップがある。そこの服はデザインはそこそこなんだけど、サイズが僕にピッタリだ。今回はポロシャツを2枚買った。パンツも欲しかったけど、あまりにデザインが「ワカモノ向き」なのであきらめて隣の店で購入。
ゲイの世界では有名なのか、それらしき人が(オトコ二人連れというのがやたら多い)買いに来る。このショップがなくなったら辛いな。この国に来る楽しみが半減しちゃう。

たった3泊4日の旅行だけど、僕には十分だった。
これ以上いたら死んじゃうよ、っていうくらい遊んだ。その反動は今日全身を襲っている。
2日続けての徹夜なんて、多分生まれて初めてだ。

バカだけど、自分の好きなことを再認識した。
僕は、踊るのが好きだ。

もし生まれ変われたらダンサーになりたい。
なんて真顔で言えてしまう。

やっぱりバカだな。
きっとキレイな空気のおかげだ。

ありがとう、全面禁煙。


※ห้ามสูบบุหรี่  いつまで持つかな???
[PR]

by ten2547 | 2008-05-07 23:21 | 旅行