หยุด

見えざる者に祈る瞬間、それを宗教という。
見えざる力に頼る行為、それも宗教という。

自分は無宗教などという人でさえ、ボールの行方を追いながら心の中で叫ぶ、ストライク!と。

その時みんなが念じただろう。
止まれ!と。
そこまでだ!と。

でも止まらない。
円強弗弱に歯止めがかからない。
株に至っては見るも無残で、その価値を半減させてしまった。
得体の知れない恐怖が全世界を覆い尽くそうとしている。
漠然とした不安が人々を守りの体制(態勢?)に入らせてしまう。

ひたすら節約に走る若者がテレビ画面の向こうでつぶやく。
将来が見えないから、と。
そんな彼を見ているオヤジは力無く応える。
なんで「貯金」なの?と。

止まらない。
止められない。
誰にも。
どうやっても。
経済という怪物に飲み込まれてしまう。

ドル預金に走る。
今日95円台まで上昇した。
得か損か、どこで見極めるかだ。

止まれ。


※止まらないと、撃つぞ!
[PR]

by ten2547 | 2008-03-17 23:44 | 戯言