あんかけ

とある地方都市でのこと。
ちょうどお昼だったので適当な店に入って簡単にすませようと思っていたところ、4件ほどが並んでランチメニューを掲げているのが見えたのでその中のパスタの店にした。
そこはオムライスとパスタが専門で、しかも「あんかけ」がお得意のようだった。

あ、あんかけかぁ...
しまったなと思った。
苦手なんだ。あんかけって。
でもパスタなら大丈夫かな、と、とりあえず注文する。

運ばれてきたのは、ほうれん草とベーコンのよくあるパスタが「赤い液体」に浮かんでいる、見たことも無い代物だった。
な、何だ、これは!?
赤い「あん」って何?

パスタだけでも十分美味しいと思うのだけど、恐る恐るそのあんを混ぜて食べてみる。
意外にうまい。
フンフン、結構いける。
美味しいじゃない。
でも、このあん、何で出来てるんだろう?
最後までよくわからないまま平らげた。

初めての味。
初めてのあんかけパスタ。
偶然見つけた店だし、たぶんもう二度と行かないだろうけど、何だかとっても得した気分だった。


※ついでにレジの男の子は可愛かったし。
[PR]

by ten2547 | 2007-09-30 16:38 | 戯言