ウェルカムドリンク

ほんのちょっとだけホテルのランクを上げてみるだけでも、その差は歴然としている。
だから泊まるほうのこちら側の態度や振る舞いが逆に試されているような気分になる。

そこはそれほど大きくない、むしろ小さなロッジのようなホテルだった。
入り口のドアが開くと、フロアスタッフ、フロントスタッフが一斉にワイでお出迎えしてくれる。
これこれ、これなんだよね~。(満足)
ちゃんと敬称付きで呼んでくれるし、sirなんて言われるとお尻がもぞもぞする。
それに「全部やってくれる」ので、ホントは自分でエレベータのボタンさえ押してはいけないのかもしれない。
さて、そんな時いつも悩むのがチップを渡すか否かということだ。
僕の勝手な基準では、自分でできることを代わりにやってもらった時に渡すもの、と決めているので、単に部屋まで「エスコート」してくれる女性スタッフには渡さないけど、重い荷物を運んでくれたボーイには渡す。とか、通りで自分で拾える流しのタクシーをホテルまで誘導してくれた場合もチップを渡す。これでいいのだろうか?
あといくら渡すのがいいのかも悩ましい。札は多すぎるならコインだけど、手元に細かいのが無い時はどうすればいいのか。小銭を渡した時のボーイの微妙な表情が気になる。少ないとケチな客だと思われそうだし、多いと日本人はこれだからなどとなめられそうだし、一体適切なチップとはいかほどなのであろうか?今度海外経験の豊富な人に聞いてみようと思う。
チェックインの際は冷たいおしぼりとウェルカムドリンクが置かれる。これが結構おいしい。今回はしぼりたてのオレンジやブドウジュースだった。
ホテルによっては部屋に案内された少しあとに持ってきてくれる場合もあるのでいきなり裸になってシャワーを浴びない方がいい。今回はレストランのプロモーションでグラスワインを全ての宿泊客に配っていた。でもレストランで飲んだら高そうだ...。
あまり部屋にいる時間がないので、いいホテルはもったいないと思うけど、日本で何万円もする部屋に泊まることを思えばかわいいもので、次回もまた利用してみたいと思った。


※人気のホテルだから予約が取れればいいけど。
[PR]

by ten2547 | 2007-08-18 23:57 | 旅行