多幸症

圧倒的じゃないか、我が軍は!と彼は叫び、
政治は、難しいのだ。と彼女はのたまう。

しょうがない、は禁句となり、
恥ずかしがらない「ハニカミ王子」は、予選落ちに終わる。

薬物にまみれ、汚物に囲まれ、
吐き気がするこの部屋でさえ安住の地となる。

でたらめで不衛生な食品だって気にしなければ喉を通り、
何の意味もない選挙に汗をかく人を見送る。

アドレナリンだ。
思いっきり分泌させて、生きてることを実感しよう。

多少のやんちゃは勘弁してねと
かわいくないのにカワイコぶっても、
引かれた税金の多さに涙もでないや。

ドーパミンだ。
バンバン噴出させて飛べない空も飛んでやれ。

笑ってた。
何も可笑しくないのに、ヘラヘラしてやがる。
面白くないから一発蹴飛ばしてやったら、あっさり逝ってしまった。

それでも明日はやってくる。
それでも地球はくるくる回る。


※濡れ衣だ。だって僕はタバコ吸わないんだから!!
[PR]

by ten2547 | 2007-07-05 23:27 | 戯言