査定ゼロ

長年愛用した車を手放すことにした。

別に嫌いになったわけじゃない。
他に好きな奴ができた、わけでもない。

ただ、どうしようもなく行き場を失った自分を矯正するために、サヨナラすることにした。

万が一の可能性にかけて、大手中古車専門店に査定をしてもらいに行った。
今は引き取ってもらうにもカネがかかる時代だから、期待はしていなかった。
ダメならダメでいいと思った。

待つこと15分、いや20分か....
全国の販売網で買い取り価格がつくかどうか調べていると言う。

結果、査定はゼロ、というよりマイナスだった。
やっぱりね。

長年連れ添った相手の価値がないと言われたようで、内心ショックだった。(アホか)
ごめんなピーちゃん(って名前付けてるわけじゃありませんが)、ゼロだってさ。

いざ、手放すとなると何となく寂しい。
不思議なもんだと思う。


※コマーシャルも決して大袈裟じゃないな~と実感
[PR]

by ten2547 | 2007-04-30 22:57 | 戯言