東京だってラララのラ

例えば品川で降りるか、東京まで乗るかってこと。
都区内ってこと。
なぜか新小岩だったり、他はよくわかんね。

例えばキャリーバッグにするか、手提げのカバンにするかってこと。
スカスカでもやっぱり楽な方がいい。
帰りは、お土産でいっぱいにすればいいじゃん。
そう、なぜか行きより帰りの方が、同じ量でも多く感じる。重く感じる。

例えば伊○丹の地下でヨダレ垂らしながらお買い物ってこと。
空腹時は特にいけません。
独りで食べきれないくらい買い込んでさ、レジで慇懃なお姉ちゃんに聞かれるんだ。
「お箸は何膳お付けしますか?」って。

例えばホテルの部屋でシゴトしたりってこと。
テレビさえガマンすれば静かな書斎だしね。
あ、あと性欲さえ抑えられれば言うことなし。
思わず電話かけて♂の出前なんか頼んでんじゃないゾ。

例えばボトル1本あけちゃったりってこと。
お酒飲んじゃいけない身体だと言うのにね。
今夜くらいはいいか、なんて調子に乗ってさ。
それでも、それでもいつもよりは大人しかったよね、なんて、
自分に甘いにもほどがあるけど、褒めてやったよ。
疲れる。

例えばうれしはずかしご対面ってこと。
長い間会わなかった、超ご無沙汰の友達にやっと会えた。
そんな感じ。
気のきいたことひとつ言えないまま、あっという間に過ぎた時間を、
何度目かの正直って感じで、ここから始まるのかなって
久々にいい休日を、
3月になってからやたら寒い都会の空の下で過ごせたことに感謝。

例えばそこにある緊張感は、心地いいものであるってこと。
いい音楽をありがとう。


※帰りの新幹線で隣に座った人は左手薬指に銀の輪っかが輝いていたけど、
  「拒まなかった」のはなぜだろう?
  東京ってホントにアソパソマソってこと。
[PR]

by ten2547 | 2007-03-19 23:08 | 戯言