またまた道を尋ねられる。

夜道で声をかけられた。
若い男。近づいてくる。
一瞬身構え、手荷物に意識を集中させる。
「この辺にコンビニはありませんか?」
それなら僕でもわかる。でもまだ油断はできない。
東南アジア系、独特の香りは香水か?体臭か?
「近くに○-ソンがあるって聞いたんですけど」
道を教えてあげる。よく見るとなかなかイイ男だ。でもまだ安心?はできない。
「わかりました。ここから遠いですか?」
すぐ近くだと告げると礼を言って去って行った。
僕の家はすぐそこだ。鍵を開ける時、後ろを確認した。
僕は用心し過ぎだろうか?

※だって夜中にグラサンしてんだもん。
[PR]

by ten2547 | 2007-03-17 12:46 | 日常