もの言えば唇寒し..

件のお大臣様は何を言っても底なしの泥沼にはまり込むばかりで、さぞかし日本語の難しさを痛感しておられることだろう。
世の女性を全て敵に回し、公の場で針のむしろ状態、何か言えば言うほど、厳しいチェックにちょっとキレ気味になるお姿を拝見するにつれ、いっそのこと、もうそれこそ本音でぶっちゃけてケツまくってしまいたいのを、ぐっとこらえているのを見るにつれ、いつぞやの自分の姿を重ねてしまうのでありました。

僕も仕事で、よかれと思って(それこそ悪気などこれっぽっちもなかったんだけど)言った一言で、女性軍団につるし上げられたことがあり、あの時はホント殺されるかと思った。
ひたすら謝るしかないのだけれど、相手を落とし入れようと思って、悪意を持っていたのなら責められても仕方ないけど、僕は僕なりに一生懸命やったわけで、それが所謂「禁句」みたいなものだったことは、経験の浅い自分には知る由もなかった。それなら最初から「これだけは言わないで」とアドバイスをくれれば良かったのに、などと反論したいところを、やっぱり形勢不利なのを察知して深々と頭を下げ、もう土下座でも何でもしてやるわいと開き直る寸前でお許しをもらった。それからは、まあ彼女達の奴隷として(ちょっと誇張..)お仕えする日々が続くことになり、失言の代償は高くついたのでありました。(幸い貞操まで奪われることはなかったが..これが一番悲惨ですわな..って有り得んか^^;)

お大臣様もしばらくは辛い日々が続くのでしょうが、どうぞお気を確かにね。
(別に味方するわけじゃないけど)


※性別という本質的でないのに代替がないものが介在すると、
 互いに譲れなくなるんで、 そんな時は中立たるわが同胞の位置づけって
  重要であるような気もするけど。(それも本質じゃないけど)
  もっとも、この問題は我々には扱えないよね、少子化に拍車をかけてる立場では...
  
[PR]

by ten2547 | 2007-02-07 23:20 | 戯言