腐ってもタイ

お騒がせ「北の国」のおかげで、すっかり扱いも小さくなった某国クーデターその後は...
ま、何とか総選挙に向けて暫定政権が始動したようで、大きな混乱もないようです。
それより雨期末期の大雨に各地で洪水が発生しているようで、別に毎年のことで珍しくもないのだろうけど、北部だけでなく首都バンコクまでかなりの冠水が発生していて、今年は雨の量が多いのでしょうか?

結局自分なんかが行けるときは限られていて、年間を通じて滞在した経験もなく、この大雨の時期や、ソンクラーン、ローイクラトンなどの時はまず無理なわけで、ほんの一部しか知らないのであります。
生活していればいろいろと大変なこともあるでしょうし、毎日遊んで暮らすわけにもいかないのはどこも同じで、それでも随分と長い間付き合ってきたのだし、これからもお世話になることは間違いなく、そういう部分も含めて好きになれるかどうか...

考え方を変えれば、まだまだ知らないことがいっぱいあるわけで、それはこれからのお楽しみにとっておいて、取り敢えずは、再び、あの柔らかな太陽と風に身を預けていようと思います。

※あと2ヶ月がんばって自分にご褒美を。
[PR]

by ten2547 | 2006-10-14 11:19 | 戯言