再びの「24時間タタカエマスカ?」

景気が拡大している、んだそうだ。
企業の設備投資と個人消費の伸張...バブル崩壊から大リストラ時代を経て、デフレの嵐も過ぎ去りつつ、日本は戦後最大の好景気を持続、などという記事を見るよりも、あのフレーズが画面に蘇ったのを見て思った。
また、始まるのかな。
第三のビールの隣にその3倍近い値段のするプレミアムビールが並ぶ。
アナタはどっちを選びますか?って試されている。僕は、そのどちらでもない「普通のビール」を選択する。そして、もちろん24時間戦うことはないし、365日働くつもりもなく、いつも通りの生活を送っていくのだろうが、世間にはすでに臨戦態勢に入った企業、業界業種が存在するのだろう。
15年前と違うのは、一応痛い思いをした教訓からリスクに対して備えをしていることや、自分だけが飛び出したりしないように、周囲の動向に慎重になっているところだろう。世界にはまだまだ不安材料がたくさんあって、そう浮かれていられる状況じゃないことを認識しているから、堅実で堅調な動きをするであろう、と予測している。のだそうだ。

巨大な生き物のように膨れたり縮んだりする「景気」という怪物は、その循環の途上で末端に至る前に、ある日僕らの一番大事なものを奪っていくこともある。だから自分の田んぼに水が来るように、必死で水路を確保しようと皆が一斉に穴掘りを始めている時期のかもしれない。問題はその水門をいつ開けるか、なんだろう。

今年の9月以降が要注意、か。

※健康第一です。
[PR]

by ten2547 | 2006-07-02 09:46 | 日常