ポートフォリオノススメ

ジム・キャリー主演のコメディ映画を観た。
アカデミー賞など目もくれずひたすらお笑い路線を突っ走る彼が好きだ。

急成長した会社の広報本部長に抜擢された人生最高潮の彼を悲劇が襲う。
会社が倒産し重役にして失業者となってしまう。しかも、昇進を機に彼の奥さんも仕事をやめてしまい、一家は無収入状態になってしまう。
でも、大企業の重役なんだから多少の蓄えや資産があるでしょうに...
貯蓄も年金も会社の株だったのだ。(全て紙切れに)
頼みの綱の持ち家も倒産の影響で価値が急落し、売っても借金が残るだけ...
果たして窮地に陥ったこの一家の末路は..

この話、どっかで聞いたことあるような、と思ったらオチのつもりか最後にその企業の名前が出てくる。アメリカでは退職金や年金を自社の株で受け取ることがよくある。業績を伸ばして株価が上がれば資産も増すわけで、仕事にも熱が入るというものだ。
だが、資産を分散させておかないと、会社が危機になった時、全てを失うという危険もはらんでいる。コメディだけどちょっと現実的でコワイお話だ。

貯蓄、投資、年金、保険、いろんな商品に資産を分散させておくのはこの先の見えない時代には必要だが、どうやってやればいいのかよくわからないし、下手に手を出して大損したくないから実際には大したことはできないのだけれど、それでも自分もいくつかのお財布に分けていることに気づく。問題はその運用先だ。商品は違っても運用先が同じという場合もある。

大切な老後資金??が紙切れにならないよう、今日も株価をチェックする。
下がっても大丈夫。僕には強い味方?があるのだから。

※銀行預金が一番安全なようだが、あの利息じゃかえって目減りしているという見方もあるそうで、借金してでも投資する人がいると聞いても、さすがにそこまではねェ...
[PR]

by ten2547 | 2006-06-26 22:54 | 日常