1週間は6日

今週は明日から休むせいか、
体のリズムが1日ずれていたようだ。
月曜日が、なぜか火曜日の感じがして、そのまま元にもどらないまま、
今日はまるで金曜の夜。
最後の一人になって、電気を消し、明日の予定表に「休」と書く。
でも、明日が金曜日。
僕のいないこのフロアは、いつもと変わらず慌しく、騒がしく、
様々な日常が行き交う。
あれ、この間いませんでしたよね?
なんて言われればまだいい方..。
いないことに気付かない人だっているだろう。

ま、そんなことは全て忘れて休暇を楽しもう。
みんな「どこかへ行くんですか?」とは聞かない。
聞いてくれるなって顔してるんだろう、きっと。
伝わるよね。そういうのって。
わざわざ休むんだからきっとどこかへ出かけると思うのは普通のことだし、
そこから日常会話は始まるのだから。
別に話してもいい。隠すことはない。やましい事も、ない。
でも、言わなかった。

さて、僕はどこへ何をしに行くのか。
まるで、初めから決まっていたかのように、
僕は「そこ」へ行く。
行かなければならない、ことは何もない。
僕のために用意された席を暖めに、
零れ落ちそうなジュースに思わず口を近づけるように、
「そこ」を訪れる。

そこでは1週間は何日だろう?
1日は何時間だろう?
僕は、一体何者になるんだろう?

僕の知らない僕に会いに-
[PR]

by ten2547 | 2004-10-07 21:41 | 旅行