旅の空

誰と何をしている時が1番幸せなのかとふと思う。
周りを見渡すとウンザリするほどの人がいて、誰かと何か話している。笑っている。たとえ隣に立っている人がどんなに「好きなタイプ」であっても永遠に無関係な存在なのに、つい話し掛けてしまいたくなるのは、それを求めているというよりは今の自分の置かれている状況のせいだ。
幸せのおすそ分けか?
もっと人と近づきたい。嫌なことも全部ひっくるめてちょっとはドロドロの修羅場も味わいたい。それだけ人と、他者と深く関わることで見えてくるものがある。
自分は誰と何をしている時が1番幸せなのかもわかるだろう。
夕べの自分はちょっといい奴だった。カッコ悪かったけど。今日の僕は最低だ。もっと気持ちを楽に生きていたい。だから隣の人に話し掛けてみようと思う。

※旅の恥さえかけないなんて。
[PR]

by ten2547 | 2006-01-03 14:54 | 旅行