深爪注意

歩きつかれたらフットマッサージに限る。
少しくすぐったいけど、ホントに気持いいんだ。
「アンタの足、まるで赤ちゃんみたいだね~。色が白いね~。」
おばちゃんにはなぜかウケのいい、大して面白くも美しくもない足を投げ出し、1時間のゆったりとした時間を過ごす。特に指の間が気持いい。
「あら~爪が伸びてるわね。切りますか?」
「え?ど、どうしようかな。そんな伸びてないし。」
爪を人に切ってもらうのはちょっとコワイ。僕はあまり深く切らないし、刃物も清潔かどうかわからない。いつもなら即答で断わるのだが、マッサージの心地よさについ、ええ、お願いします。などと言ってしまった。
別のおばちゃん登場。ちゃんとした店だし、大丈夫だろう。と思ったが甘かった。
パチ、パチ、パチ、パチ..案の定深く切っているなぁ。ま、いいか。
パチ、パチ、パチ んがぁ!!イッテ~~~~~~。ババア、肉まで切っただろ!
おばちゃん、ニコニコしながら、ほ~ら、こんなに切れたヨって爪を僕に渡す。
違う、違う、痛いんだってば!何笑ってんだよ!
ハイハイ、消毒しましょうね。あらら~血がでちゃったわね。って出血かよ!
破傷風になったらどうしよう。爪の中に黴菌が入ったらどうしよう。やっぱやめときゃよかった。
夢見心地の気分はいっぺんに冷めた。
まだ右足が残っている。頼むから身は切らないでよ、おばちゃん!

かくして僕の足の爪は深々と切られ、つるつるになった。
爪ないと踏ん張れないんだよね。

深爪はやっぱり良くないと思う。

※慣れないことはしないに限る。
[PR]

by ten2547 | 2005-08-17 22:01 | 旅行