Cクラスのオンナ

アタシ達はね、Cクラスなんだから、アンタたち貧乏人とは違うのよ!

僻んでいるわけじゃないけど、彼女の全身からそういうコトバが聞こえてきそうだった。

優越感を味わえる瞬間、それが搭乗のときだ。
悠然と腰掛けた彼らの傍らを、その他大勢のエコノミークラスが歩いていく。
その感触をもう一度味わいたくて、降機時も誰も居ないはずのCクラスでその存在をアピールしていた彼女は何だか滑稽だった。行為もそうだが、姿かたちも着ている服も何もかもが可笑しかった。

決して僻んで言うわけじゃないけど。

※やっぱりヒガンでるか?
[PR]

by ten2547 | 2005-08-15 14:27 | 旅行