灼熱のレストラン

真夏にキンキンに冷房効かした部屋で鍋物なんていいよね。そんな感覚で行った店は、、、地獄だった。
高~い天井の店内のはるか上のほうにチョコンと2台のエアコンがついている。
これって冗談か何かかな?
ここで鍋食べろって言うの?

スキという名のタイで人気の鍋物料理レストラン、コカは日本人や中華系の客が多い。
その店も立地上、ほとんどが日本人客だった。数少ない「扇風機」を奪い合い、大汗かきながら鍋をつついてる。従業員だって暑そうだ。
エーコンディチャンシアマー?などと嫌味を言っても笑う元気もない。
最近はIHになり、火こそ使わなくなったものの、座ってるだけでも暑いこの季節に楽しく過ごせる自信はなかった。でもせっかく来たんだし、一度はこれ食べないとここに来た気がしないからと、腹をくくって注文した。
食べ始めると扇風機の風もありそれほど暑さも気にならなくなった。これだけは一人で食べるのが辛い。前におじさんが一人で来てるのを見たことあるけど、あんまり楽しそうじゃなかったな。最後はスープが鍋に残るんだけど、ごはんとたまごと刻みネギなんかあれば雑炊できるのに、といつも思うが、お腹も一杯だし、暑いので早々に退散する。

がまん大会か罰ゲームみたいな夕食だったね。
友達と笑ったが、それほど嫌な感じじゃなかった。
その分美味しく思えたし、強く印象に残るタイスキ体験となった。

※野菜がたっぷり食べられるのがうれしい。
[PR]

by ten2547 | 2005-05-10 21:16 | 旅行