歩く

街を歩く。
新しい発見がある。

それも毎日になれば、日常の風景となり、
特段目に留まることもなくなる。
そうなる前の新鮮さがいい。
だから今日も会社帰りにひと駅分歩いてみた。

ここでは車がない生活だから、
歩くしかない。

車だとただ通り過ぎるだけの場所で、
お茶したり、食事したり、ぶらりと立ち寄ったりと、
ゆったりした時間が流れる。

キミと一緒ならなお楽しい。
そうやって少しずつ生活が組み立てられていく。
それは次の週末を一緒に過ごすため。
より多くのことを共有するため。

だから明日もがんばろう。
何があっても乗り切ろう。

僕はまだ歩ける。
それが嬉しい。

たったそれだけのことが
こんなにも愛おしい。


※明日はもっと遠くまで。
[PR]

by ten2547 | 2012-05-29 21:41 | 日常