肉を喰らう。

夏休みも諸般の事情で一致せず、
というか、元々全く交わらなかった僕らの休みが諸般の事情で交差した。
行く気満々だった北海道はムリだけど、近場でならと地図を眺めていた6月、それは我が家に届いた。

飛騨高山からのお誘い?
なんでやねん。
近場なんかい!
ま、ええか。

でもそれも?不思議なチカラに導かれた必然のように感じた。
行かねばならない感覚に背中を押されるようにとっとと宿を予約した。

GWは魚介を満喫したので、今回は肉であります。
何でもヒダギュウなるものが名物らしい。
ぢゃ、それをいただきましょうと、昼夜を問わずお肉を注文してみた。

結論としては、自分は口の中でとろけるような食品は苦手である、という事実を再認識した。
牛肉もまぐろの刺身も、歯ごたえのある赤身が好きだ。
テーブルに運ばれたお肉はどれも美味しかったけど、
一番自分に合っていたのが、道の駅で食べた串焼きだった。

古い街並みも良かったけど、僕らには誰もいない城跡がお似合いだった。
暑いけど、疲れるけど、2人だけの時間を過ごせることが何よりだ。
コンビニで買った冷凍飲料が全て溶けるまで、緑深き散歩道を歩いた。
夕方の風が心地良かった。

最終日は温泉だ。
そしてまたまた肉を喰らう。
半分で十分だったけど、がんばって最後まで食べた。
焼き方は指定できたけど、僕はもう少し火が通った方が好きだから、
やっぱり向いてないね、この料理は。
そして日頃食べないものを連日流し込まれた胃は完全に消化拒否状態に陥り、
翌朝は迷わずお粥を選んだ。

土砂降りの雨も、宿を発つ頃には止んでいた。
川沿いの道をのんびり走る。
高速道路より、僕らにはこっちの方がお似合いだね。

しばらくは野菜料理が続く。


※甘いものも控えるように!
[PR]

by ten2547 | 2011-08-21 10:11 | 旅行