曇りのち雨

キミを怒らせた。
僕のわがままで。

どうしても譲れない、ちっぽけな価値観は、
どうしても自分の中で消化できないやっかいものであり、

きっと誰もが賛同してくれるはずの、でも言葉にするのが難しい、
社会のオキテ、常識、モラル...

どうだっていいじゃん。

確かにその通り。
でも受け入れられないのは僕がそうやって生きてきたから。
そういう世界に生きているから。

その違いを埋めることができなくて、僕は群れからはぐれた。


※僕はそれでいいんだ。でもキミは...ホントに大丈夫?
[PR]

by ten2547 | 2010-10-24 21:43 | 戯言