透明高速

さっき自分の書いたものに強烈な誤字を発見した。
戒めのためにそのまま訂正線でも引いて残そうかとも思ったけど、
書き換えちゃった。
何度も読み返して確認していても、思い込みなんかも手伝って、
全く気付かない時がある。

文字そのものが間違っている場合はまだ気付きやすい。
意味を間違えて使用している場合は、昔からそう思って使っていたりすると
間違っていることにさえ気付かない。

パソコンだと変換時に意味も一緒に表記されて「選択」できるから
誤字も減るような気がするけど、選択を誤る場合もあるし、
急いで書いた時などはうっかり一つ下を選んだりして間違いが生じる。

誰かに呼んでもらうのが一番いいのかもしれない。
あ、読んで、もらうか。

最近実際に書くってことが少なくなっていて、ホントに字が思い出せないことがある。
思い出せないのは加齢のせいでもあるが...


※決して華麗ではない。
もちろん、高速道路は透明ではない。
[PR]

by ten2547 | 2009-06-14 12:45 | 戯言