満月後夜

大したものではないけれど、ひとやま超えたなと、ちょっとだけ安堵する。
100%ではないけれど、自分なりにはがんばった、つもり。
できて当たり前。
何事もなくて当然。

滞りなく終了させることが僕の使命だった。

果てしなく続く積み木崩しは、文字通り終わることを知らない。
積んでは崩れ、
積んでは壊し、
やっとゴールが見えたと思ったら、さらに高いハードルが聳え立つ。

疲れた。
でも休んでる暇はない。
また明日も全力で走っているフリをしながら、生き延びよう。

だって、
明日は“デート”だもんな。
トモダチでもなく、コイビトでもなく、よくわからない人間関係の上に立つ、ささやかな幸福?
キミは一体何を考え、何を望み、僕に何を話そうというのだろうか。

僕はただ、黙って微笑んでいればいい?
何かを言わなくちゃいけない?

キミが好きだ、とか?
キミが欲しい、だとか??

エネルギーの総量が不足している。


※え・が・お、でね。
[PR]

by ten2547 | 2009-03-12 22:23 | 戯言