因果応報の理

思いっ切り人を傷つけた報いか今日は災難が続く。
結果的には何も問題はないとはいえ、気分は凹みまくっている。

ホテルにチェックインする時バウチャ-を見せろというのでそれはホテルで預かってくれてるはずだと言う僕に、そんなことは知らない。対応した者の名前は覚えてるか?バウチャ-がないと手続きできないのでもう一度プリントアウトしてこいと冷たい態度。
あ~でも予約もして支払いも済んでますよね?
はい。でもバウチャ-がないと..
同じホテルに続けて泊まるから2回分を両面コピーしてしまった僕が悪いのだけど、チェックアウトの時に裏面に次回のがあるので返してくれるように頼んだら、ニコニコしながらホテルで預かっておくので大丈夫って言うので多少不安だったけどそうした、つもりだった。けど彼女がそう言ったかどうか正確にはわからない。状況からしてそうに違いないと勝手に思い込んだ僕が馬鹿だった。
途方に暮れながらどうすればいいか必死に考えてみた。責任者に掛け合うか?泣き落としでいくか?はたまた新たに部屋をとるか..
すると別の係がデポジットを払えと言ってきた。クレジットカ-ドを差し出すと部屋のカギをくれた。旅行代理店からバウチャ-を取り寄せたとのこと。
じゃそう説明しろよ!とか思ったが口から出たのは「ありがとう」だった。
今回は特別だ。次回からは必ずバウチャ-を持参せよ。また同じことを言う。
だからぁ、持って来たんだってば!と反論を試みるが形勢不利にて有り難くカギをいただく。あぁ、情けない。年末はめちゃめちゃ笑顔が素敵な男性従業員が対応してくれて、女性従業員からは前回泊まったことを覚えているとのうれしい言葉に上機嫌だったのに。しかも部屋がグレードアップのオマケも付いて言うことなしだったのが一転、お情けで泊めて頂くことに。部屋のグレードアップも恩着せがましい感じで惨めさ倍増..
気を取り直してフットマッサージに行ったら途中で右目のコンタクトレンズを落としてしまい、せっかくかわいい男子が僕の足をモミモミしてくれてるのにもうそれどころじゃない。
終わって店の人も探してくれて床に落ちているのを見つけてくれた。ホッ!
感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。


※教訓:バウチャ-はチェックイン毎に別々に。
    マッサージ中はやらしいこと?を考えない。
[PR]

by ten2547 | 2009-01-02 18:34 | 旅行